fc2ブログ
fc2-3.jpg

2019-06

Message ~自分を信じて~  - 2019.06.29 Sat

遠征レースに行く場合、可能であれば駐車場は会場周辺を利用します
でも、稀に駐車場が遠い事もあるのです

もちろん、そういった場合には駐車場からシャトルバスが出ているのですが。


シャトルバス=マイクロバスの事が多いです
あ、大きな大会であれば観光バスが出る事もあります
(「東北みやぎ復興マラソン」は観光バスがメインでした)

シャトルバスにしても、観光バスにしても、幸いにして補助席がありますので立ったまま・・・って事はありません。
座って行けるのはやはり楽でいいですよね♪
もちろん、移動時間だって10分から15分位ですから
苦にはなりません。

でも、先日参加した大会は 駐車場から大会会場までの移動時間が約20分でした
しかもシャトルバスは路線バス。
大型バスですから一度に大人数を運ぶ事は出来ますが、路線バスなだけに補助席がありません
座席が埋まれば 立ってつり革につかまって・・・の移動。
しかも皆様リュックやらサブバッグやら大荷物を持っています
結構ギューギュー詰めの状態になりまして・・・

私、朝から軽いバス酔いをしてしまいました(-“-)

こういう事も起こり得るのね・・・ と、ここで学習。
次回、同じように路線バスのシャトルバスを利用する際には 荷物はなるべく足元に置いて 身軽な状態で立とうと思います。



さて、この路線バスの会社(山交バス)では粋な計らいがありました☆

バスの側面にあるデジタルの「行先表示」部分でこんなメッセージが表示されていたのです

#f sakuranbo 190629


うわー、うわー♪♪
行きのバスでは気づきませんでしたが こんなメッセージを読んだら嬉しくなっちゃいますよね♪

会場でもたくさんのおもてなしがありましたが、シャトルバスの このささやかなおもてなしにも感激です。
山交バスさん、ありがとうございました☆

スポンサーサイト



レンジで簡単に・・ 「温玉」風 - 2019.06.27 Thu

食材からのコレステロールは体内では3割程度しか吸収されず、実は体内(肝臓)で作られるコレステロールのほうが断然多い・・・・
そう判っていても、ついつい敬遠してしまう卵。


たま~にスーパーで購入する卵も、使い切るのにどれくらいかかっているかしら・・・

定番な使い方としては~
夫のお弁当に週に一度だけ入れてあげる卵焼き
週末の朝ご飯(←基本、日曜日)に出す目玉焼き

あれ・・・
週に3つしか使ってない!?(笑)


そんな我が家ですが、先日のレースで戴いた副賞の卵

#f 卵190624


コレ、きっといい卵よね
(1パック98円の特売品とは絶対違うと思う・・・^^;)


なので、副賞の卵があるうちは、美味しいうちに 積極的に食べようかな・・・と。
お弁当や朝食時にももちろん使いますが、お一人様のお昼ご飯でも使っちゃう♪


この日は 【野菜(きゅうり&新玉ねぎ酢漬け)を80g入れた冷やしうどん「なんちゃって温玉」のせ】

#f lunch 190625


この「温玉」風はとても簡単に出来るので嬉しい♪


実家の母に教えてもらったのです~
なんと、、レンジで簡単に出来ちゃうのです

もちろん、レンジで加熱するだけに失敗したらとんでもない事になりますが・・・^^;


ネットでも様々なレシピ(?)が出ていますね。
とりあえず、基本はみな一緒。

我が家の場合、使用する容器はこの湯飲み茶碗

DSCN3190.jpg


この湯飲みに卵1個を割入れ、つまようじで黄身をチョイと刺し・・
卵がかぶるくらいのお水を入れて、ラップをして・・・
レンジ(500w)で50秒程チン☆
ただ、卵の大きさや水の量で微妙に秒数は変わってきます
そこは臨機応変に・・・^^;

もし、加熱しすぎて温玉どころか硬い茹で卵風になっちゃったら?
サラダ等で活用すればよろし♪

一番気を付けたい事は、レンジ内で卵が爆発しない事。
これが一番でございます^^;

嗚呼、勘違い  のち、手つなぎゴール♪ - 2019.06.25 Tue


序盤、夫のすぐ後ろを走っていた私


夫はそのまま私を引っ張っているつもりでいたようで・・・
(私、そんなに速く走れないっつーの!)

下り坂で勢いにのり、そのまま競技場内へ。
その時、背後からはキツそうな息遣いがずっと聞こえていたそうです

よし、あと数百メートルだ
ここでラストスパートだぞ! (←完全に背後にいるのは私だと思い込んでいる)

そう思いながら後ろを振り返ると・・・
そこで必死に走っていたのは私ではなく 別の女性ランナー。
(ペアランではなく、単独での3kmレース参加者)

背後に 愛妻 鬼妻がいると思いきや別の女性!?
相当驚いたそうです (←そりゃそうでしょう)

危ない、危ない・・・
そのまま勘違いした状態で、(ラスト100mで)手をつなごうとしたら!?

その女性からすれば はた迷惑な話だわ(笑)

早めに気づいてよかったわね


・・・ってか、競技場に入るまで全く気付いてない・・ってのもどうなんでしょうね^^;



結局先に競技場に入った夫はゴール100m手前でフィールド内に入って待機
その間に、私がバトルした小学生親子ペアはゴール!

もぉ~ホント、お待たせして申し訳ない。
でも、これでも精一杯頑張って走っているのよ(-“-)

ギリギリの状態で・・・
でも、お約束通り 夫と手を繋ぎ無事ゴール!

その直後、私はトラックにへたり込んでしまいました

もう・・動けなーい!!!!


心臓が飛び出しそうです
こんなに追い込んで走ったのはいつ以来かしら?

3kmだから当たり前だけど・・・
キツかった~~
キツかったけど、楽しかった~~

普段のレースであれば、やはりペースを気にして走ります
でも、今回はペースの事など考える余裕もなく ただただ本能の赴くまま走りました
ヒーヒー状態になっても必死で夫の背中を追いました
途中、小学生親子ペアとの併走もありました
ゴール後は心臓が千切れるほど苦しかったです

そういうの、全部ひっくるめて・・ 楽しめました☆

ハーフレースをメインに考えている場合、3kmレースはあまり必要ではありません
でも、年に1度位はこういうペアランも悪くないよね

今年は辛うじて入賞出来ました。

#f 卵190624

陸上をやっているであろう兄弟や親子ペアに混ざっての表彰式。
ちょっと気恥ずかしかったけれど・・(&スタッフの方からも驚かれましたけれど) 数年ぶりに表彰台に立った夫はちょっと嬉しそう^^;

今度はちゃんと年代別の部で表彰されるといいね。
(そのためにも週イチRunじゃなく、もっと真面目に練習を頑張りたまえ(-“-))

小学生には敵わない~ - 2019.06.25 Tue


少しずつ遠ざかっていく夫の背中を追いかけていると・・・

1.5km過ぎた頃・・
小学生の男の子&お父さん ペアと併走になりました。

夫が前を走っているだけに、ここでこのペアを抜いて順位を上げたい・・・と正直思いました。
なんとかこのペアを抜いて&振り切りたい

でも、小学生親子ペアだって 「ここでこのオバちゃんに抜かれてたまるか!」と思うわけです

私の走りを気にしてチラ見する小学生男子
相当息が上がっています
私もキツいけれど、この子もキツいんだ

こういうシチュエーションだと、頑張っちゃうのよね^^;
逆に私が粘って併走している事で集中力が切れてしまったのが小学生男子。
集中が切れた事で、若干私の後手に回ってしまいました

すると、お父さんが一喝!
「走りに集中しろ!」

そして沿道で応援していたお母さんらしき方からも檄が・・・
「勝てるよ、勝てるっ!前に出ろっ!」


すると、男の子は一気にヤル気スイッチが入ったようで再びペースを上げようと粘ります
お父さんもその走りを褒めてあげます
褒められると更にペースアップする小学生男子。

うわーーー、この子、息吹き返したよ(*_*)

キツいけれど必死に走り、少しずつ私を引き離し前へと走っていきました

凄いな~~~ (←他人事?)

悔しいけれど、あの時の私には小学生男子ペアを追いかけるだけの力は残っていませんでした
完敗です(-“-)

・・・とはいえ、まだレースは終わっていません
とにかく夫を追いかけて競技場まで戻らなきゃ・・

To be continued・・・

仲良く走ろう ペアラン - 2019.06.24 Mon

ペアラン(ファミリーラン)といえば、小学生以下のお子様と父母(or祖父母)での参加が基本。
そんな中、夫婦でも参加を認めてくれる大会って珍しいわ

夫も興味を示したようで、即エントリー決定

ただし、「夫婦の部」というカテゴリーではありません。
あくまで家族ペアですから、小学生以下親子(or祖父母)・中学生以下兄弟(or姉妹)・・と一緒のカテゴリーなわけです。

夫の走力は小学生以上のものがありますが(←当たり前!?)、50過ぎたオバチャンが小中学生相手に勝負ってどーなの!?
到底勝てるわけがありません

これは夫婦で楽しむスピトレと割り切って頑張りましょ~~☆

#f  run 19062

よって、大会当日は緊張感皆無。
リラックス&ワクワク感のみでございます♪


目標は・・・
一生懸命3kmを走るのはもちろんですが、途中で夫婦喧嘩せず&仲良く手つなぎゴール! 
これしかないでしょ~


スタート前、周囲は(当然ですが)お子様と親御さんが多かったな~
もちろん、ペアランだけではなく 普通の3kmレースも同時スタートでしたから老若男女おりましたが・・・^^;

ただ、絶対的に子供が多い
最前列も子供達。
もちろん、子供ですから 号砲と同時にぶっ飛んでいきます。

もの凄い勢いでインコースから走り出す子供達。
ちょっとした隙間をぬって、ヒョイヒョイ前へと出ていっちゃうのね
(大人のレースではあまり見ない光景)

もちろん、無謀なダッシュをした子供達は1kmとしないうちに落ちてきます。
そんな子供達を拾いながら 前を走る夫の背を追い必死に走る私。

たかが3km・・
されど3km・・・

過去に1度だけ(←6年前)トラック3000mを走った事がありましたが、それとはまた違ったキツさがありました。
ロードだから起伏もありますし・・・
(やはり400mトラックの周回とは違いますよね)
そして何より、あの頃のようなスピードがありませんし・・・(T_T)

イメージしたスピードでは到底走り切れるわけがない
子供達もヒーヒーハーハー苦しそうに走っていますが、おばちゃんも相当きっついのよ~~(-“-)

ちなみに、入りの1kmはおおよそフラットコ―ス
ここは序盤なだけにノープロブレム。

ただ、その先には緩い上り坂
緩いのですが、スピードを上げて走っている分キツさはあります
それでも ちょい前を走る夫を追いかけ、なんとか粘って折り返し~

今度は上ってきた坂を下ってゴールを目指すわけですが・・・
この時点で結構心肺キツキツ&足はクタクタ。
下りを得意とする夫はこのタイミングでググーンとペースアップ
逆に下りが苦手な私はペースを上げる事が出来ず、夫との差は広がるばかり


待って~~!!!
ちょっと待ってよ~~~!!!!

心の中でそう叫びながら必死で夫を追いかけるのでした


To be continued・・・

重ね重ね・・・ 残念でした - 2019.06.21 Fri

来年は「東京」とは縁が薄い一年になるのかな

なぁ~んて言ったら大袈裟ですが・・・


昨日、東京オリンピックのチケットが外れてしまった事に残念な思いを抱き、今日は「東京マラソン2020」の「準エリ」推薦枠から漏れてしまった事にどっぷり落ち込んでおります。

え?
何故、推薦枠から漏れた事を知ったのか・・・って?


陸協からは既に通知書が送付されているようで、推薦対象者にはその文書が届いたんですって。
(ラン友数名は既に通知を受け取っている)

あれ?
うちのポストには入ってない?
ない?
ないよね?


馬鹿みたいに、何度もポストの中を確認しました^^;


ない、ない・・入ってない。
間違いなく入ってない。



ずっと「準エリ」に憧れていて・・・

もちろん、県内在住の成績上位者のタイムから見たら、全然お粗末で足元にも及ばないのが現実
それでも、有り難い事に 一昨年、去年と2年連続で推薦を頂けて・・・
それが嬉しくて、励みになって、冬でもモチベーションをキープ出来たのです。

もちろん、「東京マラソン」を走れる事自体プライスレスですし・・☆


今年も推薦してもらえたらいいな と思って提携大会(仙台国際ハーフ)に参加。
ただ、今回の仙台国際のタイムでは、 「今年はちょっと厳しいかな」 という思いもありました。

・・・というのも、来年の東京マラソン「準エリ」への(県内)提携大会が2つになっていましたから・・・
(今までは「仙台国際」のみが対象大会でしたが、今回からは「東北みやぎ復興マラソン」も対象)

2大会から推薦者を出すとなれば、持ちタイムがイマイチな私は推薦枠から漏れて当然。
そう覚悟はしていましたが、やはり枠から漏れたと思うと凹むものです
(現時点では相当凹んでいます)


毎年、推薦通知が届くと夫が買ってくれたケーキも・・

#f 推薦190621

今年はナシか・・・(-“-)


とりあえず、凹んでおきます
凹んで、ガッカリして、それをバネにして来年の「仙台国際」こそ快走出来るよう精進していこう☆

加齢と共に走力も低下していくのは否めませんが、まずは日々の練習をコツコツと・・
その先に結果がついてくる・・と信じて頑張るのみでございます☆

残念でした - 2019.06.20 Thu

今日は 待ちに待った 東京オリンピックチケットの当選発表の日でございます☆

仕事から戻り、さっそくチケット販売サイトのマイページへアクセス。

すると、(覚悟はしていましたが)100万人以上のユーザーが待機中^^;
待機時間は1時間以上・・・との事。

DSCN3154opc.jpg


早く結果が知りたいけれど、お楽しみ(←当選結果)は後にとっておきましょか♪



・・・・と思ったら、夫からメール
「登録してあるメルアドにメールが入っているからそっちで確認して・・。」と

なんだ、メールで連絡が来るのなら 何故に世の中の100万人以上はチケット販売サイトにアクセスしているのかしら?
受信メールボックスを見たほうが早いのに・・・ね^^;


で、メールボックスを確認してみたら~


ご希望のチケットを用意する事が出来ませんでした 


ですって (-“-)

要はハズれた・・って事。

そうかーーー
ハズれちゃったのかーーー

新しくなったスタジアム内で トラック&フィールド競技 見てみたかったな~

あまり期待していなかったようで、実はガッカリしています(-“-)


家族で楽しめる 「ペアラン」 - 2019.06.18 Tue

マラソン大会の中でも、家族で楽しめる種目 
それは「ペアラン」。

未就学児~小学校低学年までのお子様&親御さんがペアで走ります
距離は2~3km位・・かな。

ルールとしては、「ゴールする際は親子で一緒にゴールをする。」事くらい
大会によっては、ラスト100mは手を繋いで走る事 ・・・なんてルールもあったりします。

#f run 190614



走り方はペアによって様々。
スタート直後から 子供さんを引っ張る為にも手を繋いで走る親子もいます
逆に走力がある子供さんであれば、そのペースで走らせ親御さんは併走。
はたまた、子供さんだけがガチで快走し、親御さんは置いていかれる・・・というケースもあり。

ただ、どんなに子供さんが早く走ってもゴールは親子一緒じゃなければいけません。

親御さんが来るまでゴール100m手前で待たなければいけないのが悲しいかな・・・
中には (自分は早く走っても親が来ない為にどんどん抜かされてしまい) 泣き出す子もいます
「パパー、早くーーっ!」
必死で叫ぶお子さんの姿には、周りのスタッフも苦笑い・・・・

お父さん、頑張って!!(笑)


微笑ましいペアランではありますが、その中でも色んなドラマがあるんですよね~


ただ、子供がいない我が家では、参加する事すら出来ません

・・・と思っていたのですが、家族であれば参加出来る「ペアラン」もあったのです!!
参加資格は 親子(小学生以下)or兄弟姉妹(中学生以下)or夫婦(←年齢制限なし)

これ、楽しそう~☆


早速夫に打診。

ねぇねぇ・・
仲良く手つなぎゴール、してみたくない?(笑)

To be continued・・・


淡路島から出張!? ~玉ねぎと共に笑顔で走る~ - 2019.06.01 Sat

ラン友さんから誘われたリレーマラソン
それはとってもユニークなものでした

「出張!淡路島の産地直送たまねぎリレーマラソンin千年希望の丘メモリアル公園」 

・・・ってレース名長すぎ・・(笑)

#f   tamanegi 190601

タイトルの通り、淡路島で開催されているリレーマラソンがはるばる宮城県岩沼市の千年希望の丘で開催される・・・というもの。

3.11の津波で流されてしまった集落の跡地に出来たメモリアル公園には何度も足を運んでおりますがとても静かな場所です。

#f kibounooka DSCN8054



でも、このリレマラが行われた日は朝から大勢の人が集まり、音楽が流れ、とても賑わいある場所となりました

#f iwanuma 190531


で、大会の概要ですが・・・
もちろん、リレーマラソンですから仲間で襷を繋ぐもの。

#f mala 190531

公園内の遊歩道を利用したコースで、1周1kmチョイ。
種目としてはハーフの部(21周)orフルの部(42周)の 男子・女子・男女混合・・・・だったかな。


一番の目玉は「玉ねぎエイド」
エイド=給水や給食ポイント
最初イメージしたのは エイドで玉ねぎスライスを食べる事が出来るのかと・・^^;

・・・が、実際はそうじゃない (←ちょっと考えれば判る事?)
襷受け渡しゾーンのすぐ先に設置されたエイドでは、淡路島の玉ねぎ農家さんが育てた新玉ねぎを取る事が出来るのです

#f onion 190531

もちろん、取った分は責任もって所持して1周(1kmちょい)走らなければいけません
バッグやリュックを使うのは禁止。
身に着けているもの(キャップや短パンのポケット)に入れて走るのはOK。

勿論、タイムは計測されますので ガチで走りたい気持ちもあります
でも、玉ねぎの誘惑には勝てないわ~~(-“-)
毎回エイドに立ち寄り、両手に玉ねぎを1個ずつ持ってエッチラオッチラ・・走っちゃいました

ただね、この玉ねぎが意外と大きい
よって、持っているだけで腕がパンパンに張ってくる
肩にも力が入っちゃう
しかも海沿いな上にこの日は強風で風速7~9m。

きついのなんのって・・・
もうハチャメチャです。

でもね、みんな笑顔なの。
普通のレースでは絶対に有り得ないほど溢れる笑顔
強風に煽られ、両手に玉ねぎを持ち、襷の受け渡しゾーンに戻ってくるランナーさんはみなSmile Run☆

中にはTシャツで玉ねぎを抱え込むようにして大事に持ち帰ってくるランナーさんもいらっしゃる。
タイムより、玉ねぎ大量Getに嬉しそうな表情なのが印象的でした

そうそう、中には短パンのポケットやウィンブレを上手に利用して10個以上抱えて走る女子ランナーさんも・・・

みんな、玉ねぎの虜でございます(笑)

ちなみに、参加賞も玉ねぎ(5個)
入賞した際の副賞も玉ねぎ
とにかく玉ねぎ尽くしのリレマラなのです。

私も、参加賞の分を含めて20個の淡路島産新玉ねぎ(Bigサイズ)をお持ち帰り^^;

あぁ、楽しかった~♪

#f iwanuma2 190601


大会事務局の皆様には本当にお世話になりました
そして 大会を盛り上げるべくMCをしてくださった名久井アナ、お疲れ様でした。

また来年、淡路島から出張開催してくれたら嬉しいな。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

 ふぶき

Author: ふぶき
食べたり飲んだり・・・で、過剰摂取にならないよう ランニングを継続中。
走歴は10年。
目指すところは・・
☆還暦過ぎても「走れる人」でありたい☆

別ブログ【晴れたらいいね ~走食女子の日常~】も、よろしくお願いいたします♪
https://fubukirun.exblog.jp/

最新記事

最新コメント

welcome to my blog

ランキングに参加してます

ポチッと一押ししていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ご挨拶 (17)
外食(外飲み) (92)
うち飯(&晩酌) (118)
身体の事 (86)
お出かけ (138)
Run (505)
TBテーマ (100)
四季折々 (168)
食材とか栄養の事 (70)
チョイ買い (70)
お取り寄せ (10)
頂き物・お土産 (27)
お酒 (69)
お気に入り (30)
お菓子・スイーツ (48)
日常 (602)
「3.11」 (27)
パソコン奮闘記 (24)
東京マラソン2014 (16)
転職・転居 (38)
杜の都より (25)
夫の事 (15)
東京マラソン2018 (22)
防災 (1)
東京マラソン2019 (15)
東京マラソン2020 (10)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR