fc2ブログ
fc2-3.jpg

2013-03

玄関エイド - 2013.03.31 Sun

なんだかんだで3月も今日でおしまいですね

思い返せば、今年の冬は寒波にたびたび襲われ寒さが厳しい冬でした。
でも、3月後半になってからは気温がプラスになる日も増え、雪融けもすすみ、田畑も少しずつ土が見えてくるようになりました
白鳥も次々と飛来してきています

今日は最高気温が5度まで上昇
風も微風で走りやすい穏やかな日です


こんな日は走るしかないでしょう~~♪♪

エッサホイサ・・・と走っていると、途中で(先にスタートしていた)夫に遭遇(笑)
夫はいいペースで走っております

スピードでは適いませんが、「根性」では負けてはいられません
私も頑張らねば!!!


まだ公衆トイレは閉鎖中(冬場は閉鎖するのが雪国流)
水飲み場も元栓が締まったままで水を飲む事も出来ません

コンビニに立ち寄ってもいいのですが、500mlのドリンクを買っても一気には飲みきれない
かといって、所持して走るのも億劫

そんなワケで 長い距離を走る際には玄関に飲み物やティッシュ、飴などを用意しておきます
(寒い時期は走っていると鼻がズビズバ・・な状態になるのでティッシュ必須なのです^^;)

玄関エイド130331

名づけて 「玄関エイド」

調子がよければ玄関エイドは利用せずサクサク走るのですが、集中力が続かなかったり喉の渇きが気になるときはこのエイドで小休止

便利です♪
ただ、家に戻ってきちゃった・・という安心感で、走る意欲がそのまま途切れてしまう可能性もあるんですけどね~^^;


とりあえず今日は最後まで頑張れました!
天候に恵まれたこともあって、シャキッと25km走。

ヨシヨシ・・・

3月の締めくくりとしてはいい感じで走れました
結果的には 月間総距離367km
冬場はレースを入れた為280km前後でしたので、それを思えばよく走れたと思います


夫も気合い入って30kmほど走って満足げ^^;
この雰囲気からすると、今夜は飲みに行く可能性大だわね(笑)


さて、明日からは4月だわ~
また気分一新で頑張っていかなくちゃ・・・

スポンサーサイト



揺れるデザイン - 2013.03.30 Sat

イヤリングに比べて小ぶりなデザインが多い「ピアス」に憧れていた10代
20歳になった記念に・・・と念願のピアスホールを開けました
当時は「親にもらった身体に傷をつけて・・・」などと言う大人も多かったのを覚えています


ファーストピアスは勿論18Kのシンプルなものを・・・
ホールが完全に出来上がった後は、随分とピアスを買い集めたものです
お手軽なシルバー素材もあれば、誕生石などカラーストーンのものもあり。

何かの記念にはピアスを購入
頑張ったご褒美にもピアスを購入
誰か買ってくれる人がいたなら、選ぶプレゼントは当然ピアス^^;

気が付けば結構な量のピアスが手元にありました
仕事をしていた頃は洋服に合わせてピアスを選んだりもしていましたが、主婦になってからは、使うものはほぼ同じ。
そして(若かりし頃に購入した)殆どのピアスは日の目を見ることもなく収納ケースに入りっぱなしなのであります


また、ピアスをつけている事を忘れ、温泉の脱衣所で勢いよく着替えをした瞬間、キャッチがどこかへ飛んでいく・・・なんて事も多々ありました
持っている殆どがスタッドタイプのピアスなのですが、キャッチがなければつけることも出来ません(涙)


そのうち、段々ピアスをつけることすら面倒になったりして・・・^^;



でも、ある時見つけた「ホタルガラス」のピアス

ホタルガラス1130329

キラキラと輝くブルーに惹かれました
アメリカンタイプなのもいいですね~
つけてみたらちょっと重たい感じはしたけれど、耳元で揺れるのがお洒落。

迷わず購入しちゃいました

でも、日常的に使うにはちょっと大きすぎたかな
ちょっとした拍子にブルンブルン・・と揺れるピアス
耳たぶに伝わる振動が気になります。


もちろん、走る際には絶対使えません
耳たぶがちぎれるかも~~~・・みたいな揺れっぷりですから^^;

よって「お出掛けするとき限定使用」となりました


ところが、昨年沖縄に行った際、琉球ガラスのショップで小ぶりなホタルガラスのピアスを見つけました

アメリカンタイプは持ってるからスタッドタイプのほうがいいかな・・・とも思ったのですが、いざつけてみたらアメリカンタイプのほうが断然可愛いのです
小さいサイズでしたので揺れても気になりません
これなら普段使いにも適しているかも。
(走る際につけても邪魔にならないかな???)

ホタルガラス(琉球)130329

値段も手ごろだった事もあり、買っちゃいました^^;



以前購入したものと比べてみると、その大きさの違いは歴然としています

ホタルガラス比較130329

どちらもお気に入りのピアスです♪

冬は寒くてピアスをつけていられません
(特に吹雪く日は絶対無理・・・)
金属が冷気を通すのでしょうか?
耳がジンジンと痺れるほど冷たくなってくるのです

でも、3月にもなるとピアスをつけても大丈夫
どこに出掛けるわけでもありませんが、ピアスをつける時ってちょっとウキウキ気分。
このところず~っと2~3種類のピアスをヘビーローテーションさせていますが、たまには違うデザインもいいかもしれません


さて・・・
久しぶりに お蔵入り(?)した数々のピアスを出してみようかしら^^;


「後ろ向き」の代償!? - 2013.03.30 Sat

朝陽が見たくて早めにアラームセット
ところが寝ぼけている時だけに意思の弱さが勝ってしまえばあっという間に2度寝

ウトウト・・

幸い、スヌーズ機能を使っているお陰で5分後には再びブルル・・・と携帯が振動。

ヤバイッ!!!!
そこからシュタッとれでも布団から抜け出しササッと着替えてコップ1杯のお水を飲んだら外に飛び出します

寝坊しているだけにストレッチはなし^^;
結構スピーディーに物事進めちゃうので外に出るまでの所要時間は15分以内。
もちろん、天下無敵のスッピンです(笑)


いいんです。
この時期、早朝に出歩いている人はいませんから・・・
(もうちょっと暖かくなるとウォーカーさんもチラホラ出てくるんですけどね)


本当であれば最初はウォークから入るのですが、もう東の空が赤くなってきているとそうもしていられません
まだ筋肉が目覚めていないながらも気持ち的には 急げ、急げ!!

視界に強い日差しが入ってきて、アワワ・・・やばいかも~~!!!
チラッと見えた太陽

そこからは(たいしたスピードは出ないながらも)猛ダッシュ!!
土手に上がってベスポジまで走って クルッと後ろを振り返ると・・・

6分間 130330

うぉ~~~~っ♪♪♪

おはようございます!

手を合わせて朝陽を拝みます

で、再び走り出せばよいのですが、進行方向は太陽を背にしなければなりません
背中に朝陽を感じながら走るのも悪くはないのですが、出来る事ならもうちょっと朝陽を見ていたい
かといって立ち止まって見るには寒すぎます

結果的には後ろ向きで走るという手段に・・・^^;


後ろ向きで歩く・・というのは足の裏側の筋肉を鍛える意味でいいそうです
普段使わない筋肉を使う事になるので転倒しない程度に取り入れるのがいい・・という話も聞いたことがあります
(あくまでウォーキングで・・・)

それと同じ要領で小走りするのもアリなんじゃないかしら????

・・って事で超スローな後ろ向きJogをしてみる。
ずーーーっと朝陽を見ていられます
早朝の河川敷だけに車も人も通りません
背後にあまり神経を使わずとも出来るのは楽です


綺麗だな~~~

転ばないよう、足を引っ掛けないよう、チョイチョイ神経を使いながらも心は太陽に釘付けです^^;


「早起きは三文の徳」と言いますが、まさにそうですね。

あと5分起きるのが遅かったら朝陽は見れなかったと思います
なんてったって、どんよりとしたグレーの雲が西から延びてきて、今にも空一面を覆いそうな勢いでしたから。

雨雲130330

山裾から昇った太陽が雲に隠れるまでの時間はおおよそ6分。
もちろん、太陽が隠れた後は真面目に前を向いて走りましたぞ^^;

でも、馴れない事をしたせいでしょうか
走り終えてシューズを脱いだら横アーチの外側が妙に痛みます
後ろ向きに走る際はどうしても横アーチの辺りに負担がかかりますからね

なんだかイヤな痛みだな・・・

とりあえず湿布でもしておきましょうか^^;



ほろ苦さがたまらない「チーズトースト」 - 2013.03.29 Fri

ふきのとうが採れたら絶対に作るもの

それは「ばっけ味噌」
ばっけ=ふきのとう の意味なんですね
(東北地方(北東北?)の方言なのかもしれません)
私はずっと「ふきのとう味噌」と言っていましたが、友人知人、また夫も「ばっけ味噌」と言うものですから、最近ではすっかり「ばっけ」に馴れちゃいました^^;


実家の母も毎年作っていたので、ばっけ味噌は大好物
この時期限定の「ご飯のお供」でございます
ちょっとお砂糖を多めにして甘味噌風に作るのが実家流

でも、夫は甘い味付けが苦手なタイプ
よってあまりお砂糖を入れずに作るのが我が家流

ふきのとうのほろ苦さがしっかり感じられる位の薄味です^^;

ばっけ味噌130327

ちなみに、参考にしているレシピは コチラ

なにせ年に1度(収穫さえ出来れば2度、3度・・と作れますが)しか作らないばっけ味噌
調味料の分量はさておき、ちょっとした下ごしらえなど 「はて、どうだったかしら???」 とウル覚えな部分は読み返してから調理開始。
(メモしておけばいいんですが、いまだノートに控えてないズボラ者です^^;)


今年もいい具合に仕上がりました
夫が喜んで食べているのを見ると、軍手が泥だらけになろうとも 採ってきた甲斐があるってもんです^^;


採ってきたふきのとうの大部分はこうやって 夫の為に 「ばっけ味噌」にしますが、私専用に ふきのとうのオリーブオイル炒めも作ります
(ほんの小量ですが・・・)

「ばっけ味噌」同様、アク抜きをして刻んだふきのとうをガーリックオイルで炒めます
軽く塩コショウをして出来上がり(笑)
(今回は2食分だけ作りました)


本当はこれをピザ生地の上にのせてチーズをトッピングして 「ふきのとうピザ」 にすると美味しいのです。
でも、そこまで手をかけるのが面倒な私はチーズトーストに^^;

ばっけチーズトースト130327

この時期限定「ばっけチーズトースト」

ふきのとうをトーストに!?

ちょっと抵抗があるかもしれません・・・・が、これが意外と美味しいんだな~♪♪
ふきのとうのほろ苦さ、チーズのコク、これがベストマッチ!
大人味のチーズトーストです
ベースにバターを塗ってもいいですし、私はマヨネーズをサラッと塗ったりします

とある喫茶店では 「ばっけ味噌」をピザ生地に敷いてチーズをのせて「ふきのとうピザ」に仕上げているお店もあるようです
さすがにバッケ味噌&チーズの組み合わせはやった事がないのですが、味噌とチーズの組み合わせって悪くないかも??
一度挑戦してみようと思います^^;


・・となると、またもやふきのとうを採りに行かなきゃいけないわ~~

小さい春、見ぃ~つけた - 2013.03.29 Fri

雪融けが進み、田んぼも少しずつ本来の姿を現してくるようになりました

果てしなく続く 雪を被った田んぼ 雪原も、来シーズンまでお預けね

雪原130208


気温もプラスの日が多くなり、「冬日」が減ってきました
これから少しずつ春になっていくことでしょう

去年の今時期は もうネコヤナギが見れたはず
桜のつぼみも若干大きくなってくる時期だと思うのですが・・・

今年は冬将軍がしつこく居座ったせいか、まだつぼみは固くギュッと締まっております
最高気温が二桁になってくれば、また変わってくるかな^^;


でも、雪が融けた土手ではふきのとうがお目見えしてましたぞ♪

ふきのとう130327

桜が咲くのはまだまだ先だと思いますが、これも「小さな春」です


そういえば、去年もふきのとうを見つけたのは今時期でした

「今年はまだ雪が残ってるから無理だろう・・」とも思ったのですが、もしかして・・と土手に行ってみたらビンゴ!
来てみてよかった~~

でも、 狙っている人は 見ている人はちゃんと見ている!!!!
手ごろなサイズのものは既に根こそぎ収穫されていました

収穫後の穴がボッコボコに開いている状態には少々ガッカリ
やはり朝のうちに来なくちゃダメね~~
でも朝からふきのとうを採りに行く時間の余裕がありません
(暗いうちに行けば外灯がないだけに探す事すら出来ませんし・・・)

本当であれば(6時スタートで走りに行ける)夫が行ってくれれば助かるんだけどな~
なぜかふきのとう採りのミッションは私ばかりに下されます


とりあえず食べるのに適したサイズのふきのとうを見つけては 軍手でセッセと土を掘り、ふきのとうを丁寧に採り、(持ってきた)ビニール袋の中へ。
小さめサイズの袋ですから10個も入りませんが・・・

「自然の恵み、いただきます・・・」

そんな気持ちで1つずつ丁寧に採ります

普通に走れば難ない距離ですが、走ったり、立ち止まったり、しゃがんだり・・の連続で膝も腰も疲れます~~~!!
それでもビニール袋2つ分、採りました
(採りすぎかしら??)

パツパツのビニール袋はウィンドパンツの両ポケットに・・
パンパンに膨らんだウィンドパンツのポケットは、まるでエサを溜め込んだリスの頬のようです

そんな状態のポケットをユサユサさせながら戻ってくるのは少々恥ずかしいんですけどね^^;
(しかも軍手は泥だらけのままだし・・・)

夫のためならエ~ンヤコラ・・(笑)

あとは これを使ってバッケ味噌を作ります♪




旅立ちの日は近い - 2013.03.28 Thu

シベリアからやってきた白鳥達

冬場より若干数が増えてきたような気がします
以南で越冬した白鳥達も一時立ち寄っているのでしょうか・・


シベリアは、日本から3000~4000kmも離れた場所
こんな遠くから日本まで飛んでくるんですね
もちろん、ノンストップではなく、何度も中継地で休みながらやってくるようですが・・

採食は主に水草の葉、茎、地下茎、根、果実、落ち穂、マコモなど・・
「植物質食」らしいです


ちなみに、飛行速度は平均時速で50km/h。
追い風で70km/h、気流に乗ったら100km/hまでスピードが上がるそうです
かなりハイスピードです(汗)
しかも、食べているものは植物質。
それをエネルギーとして飛来してくるんですから、白鳥の持つ「持久力」って素晴らしい!

見習わなければ・・・^^;


北海道で過ごすのは初冬まで。
北海道の寒さが厳しくなる頃になると、本州にやってきて越冬するようですね
そして春が近づくと、少しずつ北上しては北海道を目指し、そこで再集結してシベリアへと飛び立っていくんだとか・・


2月上旬に見た白鳥はまだ数えられる程度でした

白鳥1 130326




3月になったら若干白鳥の数が増えてました^^;

白鳥2 130326




少しずつ雪が融け始め、地面が見えてくると地上に上がってくる白鳥達

白鳥3 130326

餌付けをしている人がいるらしく、人間を見ても逃げません
でも怖がらせたり驚かせては気の毒なので不用意には近づきません


遠目で見ていれば 「可愛いな」 と思える白鳥ですが、間近で見ると意外と大きいものです
羽を広げようものならあまりの大きさにこちらが逃げ出したくなりますから・・・^^;


チャンスがあったらもうちょっと近づく事が出来るかな~~



ここ数日は飛来地まで行かずとも、近所でも白鳥を見ることが出来るようになりました
水田の雪融けが進んだ時期とドンピシャ。
まるで(水田の雪が融けたのを)知っているかのように集まってきたのにはビックリ!

白鳥4 130326

室内にいても 「コォー、コォー」という白鳥の鳴き声が聞こえてきます
どうやら空を飛ぶ際に鳴く習性があるようですね


去年は200羽近い白鳥が近くの水田でエサをついばんでいるのを目にしました
今年も同じくらいの白鳥がやってくるのかな~?

さすがに200羽近い白鳥の群れにはギョッとします
・・が、これからまだまだ長旅が続くのです
旅立ちの日に向け、まずはしっかりと栄養補給してくだされ^^;

ちなみに、ケガをして飛べない白鳥は(仲間達と一緒に旅立つ事が出来ず)、 1人 一羽ポツンと取り残されてしまうそうです
願わくば、1羽も残ることなく皆揃って旅立つ事が出来ますように・・・



冬の雪、春の雪 - 2013.03.27 Wed

冬から春に季節が移り変わる時、必ず耳にする音があります


チリチリ・・・
シャリッ、シャリリ・・・

とても小さな音です
車通りのない田舎道だからこそ聞き取れる音かもしれません

ウォークマンを聞きながらノリノリで走るのも好きだけど、自然が生み出す「音」を感じ取れる時間にも幸せを感じたりします


春が近づいているのを教えてくれる(?)音の正体は・・・

雫130326

小さなツララが融けていく音

除雪で積み重なった雪山が少しずつ融けて行く際に出来る小さなツララ
そのツララから落ちる雫の音
そしてツララ自体が崩れて雪の中に落ちる音

そんな音が聞こえてくるのです


春が近づいているんだな・・・と感じるときでもあります




小さな音・・といえば、冬には「雪の音」が聞こえる事があります

電線から落ちた雪


お天気のいいある日、走っている際 とても小さな音が聞こえました
音にならないような音

あれ、なんだろ??

そう思って雪面を見たら、小さな雪の塊発見^^;

フワッ・・130326

ちょっとでも触ったら崩れてしまいそうなフワッフワの雪
風に飛ばされて電線から落ちてきたんですね



その後見つけたのが「雪まくり」 の出来損ない 的な雪

コロコロふわっ・・130326

大きく仕上がれば「俵雪」とも言うかしらね^^;

残念ながら、これはあまりにも可愛すぎるプチサイズ~
一巻き出来たか、出来ないか・・・というレベルですが、それなりに「雪まくり」?



太陽の日差しで雪山には木の影がクッキリと。

影130326

ここまで影で出来ると嬉しくなります
(日差しが強い証拠ですから♪)



でも、紫外線(A波)もバリバリ出ていますから油断禁物
UVケアは念入りに・・・

影-1 130326

・・・って言いつつ、私は無防備に走っておりますが^^;
冬場もA波はしっかり出ているらしいですので日焼け止めだけはしっかり塗っておいたほうがいいそうですね

あはは・・・・
こりゃシミが出来ちゃうわ~^^;





朝陽を拝める季節 - 2013.03.26 Tue

冬の間の朝Runは、暗いうちに走り出し、夜が明ける前に戻ってきます
見えるのは星空ばかり・・・

星空でもいい
月明かりでもいい
空を見ることが出来ればこれ幸い

多くは雲に包まれたどんよりとした空
雪がモサモサと降る事もあります
モサモサ降ってくれるならまだいいほうで、時にはビュービューと強風と共に横殴りに叩きつけるような雪だったりすると、トホホな気分


時には東の空に雲の切れ間があったりして、そんな時は朝陽が見れる期待大!

ところが風が強いものですからあっという間に雪雲に覆われてしまいます

朝130325

あぁ~~~~・・

拝めたのはご来光だけ!?
朝陽が見えそうで見えない

そんな切ない朝を何度も経験して 暦は3月に・・



さすがに3月ともなると空一面が雪雲に覆われる事も激減し、朝陽を見れる確率も高くなってきます

東の空が薄っすらと薄紅色に染まってくるのを感じられると寒さなんてそっちのけ。
朝陽が見れるベスポジ目指して走ります
頬に感じる冷気も気持ちよかったりして・・^^;
(これが曇り空だったら「寒い、寒い・・・」の連発です)


まだ歩道にはテンコ盛りの雪の山

壁 130326

日中、気温が上がれば融けてきては朝晩の冷え込みで凍る・・の繰り返しで意外と硬いのです
泥だらけで汚いけれど、この雪山の上にヨッコラショ・・・と登ります
(大体1m弱くらいの高さかな?)

ちょっと高いところに昇るだけで気持ちいいものです^^;
そして空が赤く染まってくる中、金色の太陽が山裾から昇ってくるのを待ちます

待っている間はかなり寒いんですけどね・・・
しばしの我慢。


そして待つこと数分、やっと朝陽が昇ってきました~~!!!

朝130325-1

これこれ、これを待っていたのです!

3月も半ばだというのに・・・
私にとっては「初日の出」のような感覚だったりします


こうやって朝陽が見れるようになると、やっと冬が終ったんだな・・・と感じるのです
そしてまもなくやってくる「春」
まだまだ残雪が多いですが、春本番が今から待ち遠しいです


全面再開 - 2013.03.23 Sat

震災後は「通行止め」だった東北自動車道

当たり前ですが、高速バスも全便運休

掲示板130322

帰るはずの日に帰れない
事前予約していたチケットの解約手続きだけを済ませました

でも、これでよかったんです
夫にはその間不便をかけてしまいましたが、予定通りに帰るより(・・・という以前に帰る手段もありませんでしたが)、実家の生活が落ち着くまで 何かしらの手伝いをしていたほうが私の気持ち的には楽でした


私がいるから大丈夫!

そう言うと大げさではありますが、少しは両親の役には立てたんじゃないかな・・・と思っています^^;

震災後数日で電気が復旧し、1週間ほどで水道も一応復旧。(下水道施設にはまだ支障がありましたが)
2週間ほど経った頃には都市ガスの復旧のめども立ったようで全国各地から復旧作業のサポート隊がやってきました
そして3月24日午前6時・・
東北自動車道が全線開通し、一般車両も通行可能となりました

物流が一気に加速していきます
東北新幹線も(北東北限定ではありますが)動き出しました
高速バスも各地に向けて運行再開


・・となれば、私も帰らねば。

本当はガスが復旧するまで実家に居たいと思いました
でも、いつまでも夫に単身生活をさせておくわけにもいきませんし 両親もその事を気にかけているようです

高速バスが満席だったらいいのに・・・
そう思いながら予約センターへ出向いてみれば、簡単に希望日のチケットが取れちゃいました^^;
(どうやら増便していたようです)


なんだか実家を離れるのが淋しい・・というか、不安・・というか、心配・・・というか。
不便な事が多いながらも実家暮らしがすっかり馴染んじゃって帰りたくない心境だったりします
でも、いつまでも実家にいるわけにもいきませんからね
あとは両親で協力しあって頑張って!


3月下旬、私はバスに乗り込み仙台を後にしました
高速バスの窓からは沢山の自衛隊の車を見ました
きっと被災地へ向かうのでしょう

自然と涙がこぼれ、そんな自分が恥ずかしくて眠った振りをしました
そのまま寝てしまったようです^^;

そして目が覚めた時にはバスは既に高速道路を降りていました
(何時間爆睡していたんでしょう)


高速バス降車場所には夫が。
ここでまた気持ちが緩んでしまいます

助手席に乗り込んでしばらくしたらワンワンと大泣き。
もうどうにも止まりません
子供か!?


ひとしきり泣いて少し気持ちも落ち着きました

あとは、銭湯に寄ってくださいませんかね?(←急に現実的)
戻ってきて一番最初にやりたかった事=お風呂に入ること でしたから^^;

私のリクエストに答えてくれた夫は銭湯に寄ってくれました

2週間ぶり以上のお風呂・・
これはたまりませんね~

浴槽に身を沈めた瞬間、思わず「ふはぁ~~~~・・・」とオッサンのように声が出てしまう(笑)
そして韓国式アカスリも予約
頑張った自分にご褒美です^^;

スタッフのオネーサンは私の事情など知りませんからアカスリをしながらストレートな一言を。
「アナタ、カナリキタナイワネーー、垢、イッパイアルヨ!」

自分でもビックリするほどの量でした(笑)
でも、いいんです、頑張った証ですから・・^^;



その後、ごくごく当たり前の日常生活に戻ったわけですが精神的にはなかなか戻りきれずにいました
スーパーに行ってもカートを持って「急いで買い物をする」クセがついちゃってます
また、会計で並んでいたりすると、ワケもなく膝が震えて立ってられない事も多かったです
耳鳴りが頻繁に起こったり、地震酔いのような症状も続きました
それらのストレスから開放されるのは 唯一、ジョギングをしている時。

毎日少しずつ走り続け、数週間でそれらの症状は落ち着いてきました
気持ちが落ち着いてくるのと同時に「平凡で普通の毎日」がいかに有り難い事か・・も痛感しました。


今年は3月11日に実家へ行く事が出来ませんでしたが、近々行って両親に顔を見せてこようと思います


今振り返る、私が見て&感じた「3.11」の記録
長きに渡りお付き合いいただきありがとうございました。
これからも、何かの機会があればこのカテゴリーで記事をupしていくかと思います
その際にはまたお付き合いいただけたら幸いです




道路事情 - 2013.03.22 Fri

水道が復旧したのは震災から1週間経った頃でした

これで給水に行かなくて済む・・・

そう思うとかなり肩の荷が下りた気がします^^;
時間的に余裕が出来ましたので 母を誘ってお散歩に出てみる事にしました


歩いてみなければ判らない道路事情・・
近場にも危険箇所がイッパイありました


そんなお話をちょいとだけ・・・
   続きは【Read more】から →→→

危険度判定 - 2013.03.22 Fri

仙台市内では、地震の揺れによる被害が大きいとみられる地域を中心に建物の 「応急危険度判定」 を行いました。

判定に当たるのは 「被災建築物応急危険度判定士」 の資格を持つ全国の自治体職員や建築士
200名以上もの方が判定士として動いてくださったようです

私は「応急危険道判定」という言葉すら知りませでしたが、建物の傾きや基礎の沈下、壁のひび割れなどを目視で確認。
倒壊の危険性を判定した「危険」(赤)、「要注意」(黄)、「調査済み」(緑)の紙を住宅に張り、注意を促すのと同時に危険性を判定することにより、人命にかかわる二次的災害を防止することを目的としているそうです


以下、【Read more】にて・・・ →→→

給油 - 2013.03.22 Fri

震災直後は、数時間並んでガソリンを入れたり灯油を買ったりする方も多かったそうです


なるほど・・・
私が食料や水をすぐに意識したように、ガソリンが必要な方にしてみれば「まずは燃料を・・!!」と思うのでしょう


その後、スタンドにも在庫がなくなり、営業出来ない状態になった・・とも聞いております

市内では、燃料切れとなり放置されている乗用車がアチコチにあったようですし、津波の被害にあわれた地域では 流されて放置去れていた車から燃料を抜き取り、自分の車に入れている なんて話もありました。


今回は「給油」事情についてのお話です
よろしければ【Read more】からお入りください →→→

支援物資 - 2013.03.21 Thu

東北の大動脈とも言える東北自動車道は(震災直後から)一般車両は通行止め
災害支援の為の緊急車両だけが通行許可されている状態でした
空港も津波の被害で使用できず、JRも運休したまま

唯一の手段は海路
でもそれは(津波による被災地への)救援物資や燃料が最優先

まだまだ一般企業側の支援物資や物流は動ききれずにいたように思います
そんな状況でしたから、運送各社の宅配便など 東北方面への荷物は受け付けられなかったようですね


そんな中、実家に支援物資が届きました



続きは【Read more】から・・ →→→

カレーライス - 2013.03.20 Wed

美容院帰りって、まっすぐ家には帰らず どこかぶらついたり・・・したくなりませんか?
ちょっとお茶したり、お気に入りのショップを覗いたり・・

私はついつい寄り道しちゃう傾向があります^^;

今回のシャンプー後も、せっかく街に出てきたんだから・・・と、ちょっとだけ「街ぶら」してみました



少しずつ動き出した街の様子をさらり・・・と
よろしければ【Read more】からお入りください →→→

1週間ぶり - 2013.03.19 Tue

ちょっと信じられない話かもしれませんが・・・

実家に来るときお化粧をしてきましたが そのメイク、クレンジングをしていません
クレンジング以前に洗顔すらしてません

歯磨きは歯磨き粉をつけずにブラッシングだけ

なにしろ「水がない」状態でしたから・・・^^;

女性だったら朝メイクをするのはごくごく当たり前の事かと思います
でも、震災後、メイクをしている女性っていたでしょうか????


私は眉だけをかいて、あとはマスクをして誤魔化していました
マスクって便利ですね^^;

他、帽子は必須アイテム
なにせ髪の毛も洗ってませんから~~


以下、続きは【Read more】をクリックで・・・

お野菜Get - 2013.03.18 Mon

電気が復旧し、スーパーで買い物が出来るようになり、 食生活はググンと豊かになりました。
こうなってくると(数時間並ぶ買い物も)気合いが入ります

買出し130318


スーパー側でも電気が通った事で(プロパンガス使用の厨房らしく)お惣菜などが並ぶようになったのです
普段はお惣菜など滅多に買いませんが、こういう時は思わず買っちゃいます

揚げ物、万歳!!・・みたいな^^;

そして、食生活が豊かになってきたのと同時に感じた事が「野菜が食べたい」という思い
普段、そうそう「野菜が食べたい」とは思いません
でも、この時はとても「野菜」が恋しかったのです
栄養バランス云々・・じゃなく、体が求めていたのかもしれませんね



以下、お野菜調達時のお話です
お時間がある方は是非【Read more】からお入りください →→→





食料調達 - 2013.03.17 Sun

震災後はスーパーもコンビニも店内がグチャグチャ。
とても商品を販売できる状態ではありませんでした

でも、その翌日12日から青空販売を始めたお店もあったのです

あれだけ揺れた後、電気もつかない暗い店内で商品を整理するだけでも大変だったと思います
従業員皆様だってそれぞれのご自宅で色々と作業をしなければいけない状況だったはず
そんな中での販売は、とても有り難かったです


今回は 食料調達 について・・
よろしければ 【Read more】からお入りください →→→

「電気」の力 - 2013.03.17 Sun

震災時、一番早く復旧したのが電力。

停電はほんの数日の間でしたがとても不便を感じました

その間、いかに普段電力に頼っているか・・・を、痛感したのです



今回は「停電」についてのお話です
よろしければ【Read more】からお入りください →→→

連絡手段 - 2013.03.16 Sat

震災直後から各社とも携帯電話は繋がりにくくなっていたと思います

判っていても、ついついかけてしまう・・・
繋がらないと、なんだか不安だったりします

災害伝言ダイヤルを使う・・という手段もあるのでしょうが、使い慣れていないだけについついメールに頼ってしまう傾向があります
とりあえず、同じ市内に住む妹にはすぐにメールを出し、無事を確認しては一安心
夫の事は、そのときは頭にありませんでした^^;



震災時に感じた「連絡手段」についてのアレコレ・・・
読んで頂ける方はお手数ですが【Read more】からお入りください →→→

生活用水 - 2013.03.16 Sat

断水が続く中、飲料(調理用)水に関しては給水所から貰ってきた分でなんとかなります。
もちろん、給水制限が入り、2ℓ/1人 になってからはしつこいほど足を運びましたが・・(笑)

基本、車は使いません
(ガソリンは貴重でしたから・・・)
2リットル程度でしたら徒歩でも問題ないですからね
給水制限がないときは、(徒歩で)8リットル位が限度かな?
4リットル分はリュックに背負い、もう4リットルは抱っこして。

給水が一番体力を要する任務(?)だったような気がします


ただ、飲料水以上に必要なのは 実は「生活用水」であることを、震災後数日で感じました



以下、生活用水についてのアレコレ・・・
読んでいただける方はお手数ですが 【Read more】 をクリックの上お進みください →→→

給水 - 2013.03.15 Fri

震災直後からアチコチで道路に亀裂が入り、水道管が破裂している箇所もいくつか目にしました

水道管破裂130313


停電により信号も消え、歩行者と車とが入り乱れ、それに加えてこの放水状態
交差点はハチャメチャでした
やがて断水になり、放水も直に収まりましたが・・・


震災当日は(当然)給水に関する情報などは全くなく(広報車などが来れる状況じゃなかったと思います)水の備蓄をしていなかったご家庭は大変だったと思います

幸い、翌朝には(NHK第一)ラジオで給水場所の情報が確認出来ました

でも、歩いて行ける距離ではありません
貴重なガソリンではありますが、こんな時には車を使うしかありません
ありとあらゆる空容器を車に積み込み、父と共に給水所へと向かいました

ところが考える事はみな一緒で、どちら様も車で給水に来ています
7時半には現地に着いたものの駐車スペースは既にありませんでした

仕方がないので空容器を全て持って私が給水の列に並び、父は車を停められる場所を探しに。
もし給水に1人で来ていたらお手上げだったかもしれません


車を停めた後は父と二人で並びましたが、並んでいる最中も何度も余震があり、遠くでは黒煙が不気味なほど立ち上っているのが見えました
どこかで火事かしら???
そんな感じで見ていたのですが 石油コンビナートの爆発炎上によるものだったようです
(昨夜、一晩中鳴り響いていたサイレンは この火事の為のものだったのだろうか???)


給水の列はかなり長く、数キロにも及んでいます
2時間待っても、3時間待っても、列は全く動きません
どうやら 来てくれた給水車の水が空っぽになってしまい、次の給水車の到着を待っている状態だったようです

待つことに疲れてきたせいか 苛立つ人も増えてきて、アチコチで些細な口論なども聞こえてきます
気持ちは判りますが こういう時こそドッシリと構えていないとダメですね^^;


父も実のところ待ちくたびれてイライラしてきたようですが、こういう時に娘の存在は大きい(笑)
何気ない会話で気分を紛らわせ、とにかく給水車が来るのをジッと待っていました


12時過ぎた頃、やっと給水車が到着しました

給水車130313

その瞬間、拍手が沸き起こります


車を見れば、名古屋の水道局

わざわざ駆けつけてくれたんですね
ありがたい限りです


また、地下にある給水備蓄タンクからポンプで汲み上げられるエリアもありました
(仙台市は 宮城県沖地震後、地下に飲料水の備蓄タンクを作ったようです)

給水130313

このポンプから水を汲み上げてくれている方は水道局の職員さんではなく、これまたボランティアの方でした
女性ではなかなか重労働ですが、ボランティアの方がこうやって汲み上げてくれるので助かりました


給水所によっては1人2リットルまで・・・という制限があった地域もあるようですが、私が行った場所では(その日は)無制限に給水出来たのでよかったです
(後、不公平にならないように・・と給水制限が入りましたが・・・)

中には小さなお鍋を持ってくる方や衣装ケースで給水に来る方もいました
(衣装ケースの方は、蓋をした上にガムテープで(蓋を)固定していました)
空容器や給水タンクの用意がない場合は、これまた大変です

逆に便利グッズを使っている方もお見かけしました
給水用のビニール袋でリュックのように背負えるもの。
母子で給水に来ていて、お子様にそのリュックを背負わせ、お母様のほうは給水タンクを持って帰ったようです
なるほど!
こういう商品もあるんだ・・とその場で学習!


実家では焼酎の空ボトルや給水タンクを用意しておいただけに、沢山の飲料水を確保する事が出来ました
それでも、使い始めればあっという間になくなるんですけどね


結果的には水道が復旧する3月20日まで、ほぼ毎日 給水には出かけました

勿論、1時間、2時間・・と待つのが当たり前
小雪ちらつく寒い日もありました
それでもジッと我慢して並ぶしかないのです
雪国暮らしの私でも、寒い中ジッと立って待ち続けるのはかなり辛かったのを記憶しています



To be continued・・・

備え - 2013.03.14 Thu

宮城県沖地震から30年以上経っての 東日本大震災

それなりに備えてはいたものの、やはりこういう事態になってしまえば(この先どうなってしまうのだろう・・という)不安な気持ちばかりが先立ってしまいます
震災直後から(予想はしておりましたが) 電気、ガス(都市ガス)、水道・・・と、ライフラインが完全に止まってしまいましたから・・・

翌朝の新聞でも 復旧の見通しは立っていない と書かれていました
そんな状態だっただけに、改めて 両親の「備え」に随分と助けられました




■ ミネラルウォーター

これは基本中の基本かもしれませんが 買い置きしてあった事で本当に助かりました

地震直後からの断水してましたので、もし水の備蓄がなければ喉が渇いても我慢するしかなかったでしょう
そりゃ~我慢しようと思えば出来ますが。
最悪、薄っすらと積もった雪を舐めるしかないかもしれません


■ 「アルファ米」

腹が減っては戦は出来ぬ!・・・じゃないけれど、活力となるのはやはりご飯
「アルファ米」は便利ですね

アルファ米130313

母が買っておいたのは「白米」と「わかめご飯」
2種類あることで、選ぶ楽しみが・・・^^;

缶詰や冷凍しておいた常備菜(煮豆など)があったので、それをおかずにご飯をモリモリ食べられました
お湯で作れば20分くらいで出来上がりますが、お水でも大丈夫みたいです(60分ほどかかるようです)



■ 卓上コンロ

これはどこのご家庭にでもあるものなのかしら?

卓上コンロ130313

実家ではこの卓上コンロがあったので小鍋でお湯を沸かしてアルファ米を炊きました
また、(お湯を沸かせる事で)フリーズドライのスープなども飲む事が出来ました

そうそう・・・
フリーズドライのスープや缶詰など、日常的には使いませんが買い置きしておくのも悪くないですね


ちなみに、我が家では卓上コンロがありません
プロパンガスなだけに、ガスの供給がストップする・・という事態を想定できないからかもしれません
でも、イザという時のためには購入したほうがいいのかな・・・と、このとき考えさせられました

実際、ホームセンターなどでは 卓上コンロや卓上コンロのガスボンベを買い求めるお客さんが沢山いたようです



■ 給水用タンク

給水に行くにあたり、便利だったのが(大五郎などの)大きな焼酎の空容器
(1本で4.2リットルとか入りますから・・)
でも、1人で何本も(大五郎の)ボトルは持ち運べません
そんな時、このタンクは便利でした

12リットルタンク130313

給水車からお水を貰うにしても(口が大きくて)入れやすいですし、台所で使う際にも使いやすかったです
持ち運ぶにしても12リットルくらいだとさほど重くもないので「女性に優しい」サイズだと思います
(18リットルタンクにお水を入れたら腰痛を起こしそうです・・)


他、普段から常備菜を作り、小分け冷凍しておいた事で 調理が出来なくても「おかず」には困りませんでした

また、洗い物は増やしたくないのでお皿にはサランラップを巻いて・・^^;
ラップだけ捨てればお皿を洗わずに済みます
貴重な水でしたので、少しでも水を使わない工夫をしました

衛生面で、「それってどうなの???」 と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、このやり方は 阪神淡路大震災を経験した管理栄養士の方がラジオを通して教えてくれた方法です

ラジオでは、阪神淡路大震災を経験された方からの沢山のアドバイスが紹介され、その情報一つ一つがとても参考になりました


とにもかくにも「備え」が一番大事ですね
頭では判っていてもなかなか行動に移せなかった部分があります
でも、この震災後、私も少しずつ「備え」をするようになりました
買い足りないものもまだありますが、慌てて買うより じっくり吟味して「これだ!」というものを選んで購入していこうと考えています


To be continued・・・

夜になる前に - 2013.03.13 Wed

長くて強い揺れが収まった直後、私は食料を調達すべく出かけることに


ところが、お財布を持ち玄関へ行ってみればこんな状態でした

玄関130312

ありえない・・・

備え付けの大きな靴箱が壁から抜け落ちていました
玄関に置きっぱなしだった私のキャリーバッグはこの靴箱の下敷き
当然私が履いてきたブーツも下敷きです


かなり大仕事にはなりますが、暗くなる前にこれはなんとか片付けなければ
でも、それより何より「食料」が最優先!

玄関の片付けは父に頼み、母には部屋の中の散乱したものを少しでも片付けてもらうよう頼み、私は裏口から外に出ました


急げ、急げ!!!
1品でもいいから「火を使わなくても食べられるもの」を買わなくちゃ!!


子供の頃の(宮城県沖地震の)記憶が蘇ってきます
こんな時こそ走力発揮(?)してダッシュしたいのですが、残念な事に履いていたのは母のサンダル
ズッタラ、パッタラ・・・
気は焦るものの、思うようには走れません(苦笑)


続きは 【Read more】 をクリック・・・ → → →

あの日あの時・・ - 2013.03.13 Wed

2011年、3月11日
私は実家にいました

朝一番の高速バスに乗り、昼過ぎには実家に到着。

本当であればそのまますぐに(所用で)石巻へ行く予定でいました
ところが車を借りる予定だった父が外出先からまだ戻っておらず、とりあえず母とお茶を飲みながら父の帰りを待っていました

ところが父が戻ってきたのは2時前
これじゃ石巻まで行くのは厳しいかな・・と予定変更
アウトレットモールへ買い物に行こうかと考えたりして。
でも、母とのおしゃべりもこれまた楽しく、なかなか出掛けるタイミングが取れずに2時半を過ぎてしまいました

面倒だから、(買い物は)明日にしようかな・・・とか^^;


そんな事を考えていた矢先に グラッ!! と大きな揺れが来たのです

下から突き上げられるような、その後大きな横揺れ
地震には慣れていた(?)ものの、この揺れはちょっと大きいぞ・・と身構える
段々揺れが強く激しくなってきたのでとりあえずテレビを押さえました

食器棚からは食器が飛び出し、カップボードの中もグシャグシャに・・
電子レンジや炊飯器が床に落ち、電話台が倒れ、家具や植木鉢が倒れ、ありとあらゆる物が散乱した部屋は物凄い状態に・・・

あわわ・・・
どうしよう・・・


テレビを押さえるのに必死になりつつも収まることのない強い揺れ
それを感じながら 「これが宮城県沖地震の再来か!?」 と思ったりして。

そしてその瞬間から(地震に対する)恐怖心が消え、しっかりしなきゃ!! という気持ちになっていたのです


床はうねる様に揺れ、身体が吹っ飛ばされそうです


そんな中、冷蔵庫が傾きだしました



あわわ・・・
冷蔵庫が倒れそう~~~!!!!

冷蔵庫のそばには母がいました



潰されちゃう!!



そう思った次の瞬間、私はテレビを押さえるのを止め、冷蔵庫を押さえに入ったんだとか。

あの揺れの中、走って冷蔵庫に向かった姿を見て、母は驚いたようです
壁に背中をつけて腰を低くして踏ん張り、片手で冷蔵庫を抑え、もう片方の手で米びつを押さえていたそうです
(私はその記憶が一切なく・・)




揺れは一向に収まらず、それどころかますます強く大きくなってくる気がします
普段気丈な母が悲鳴を上げている中で、私は気持ちを落ち着けようと必死

「大丈夫だよ、大丈夫だから!!」 
そう叫んでいたような気がしますが、一体、何が「大丈夫」だったんでしょう・・^^;

壁に亀裂が入りだし、サッシ窓の鍵が壊れ、網戸がゆがみだし、家自体がきしむような音を立て始めました

このまま家が潰れるかも・・・


そんな状況の中、冷蔵庫を押さえながら私が考えていた事は 揺れが収まってからの行動 でした



揺れはどれくらい続いたのでしょう
とてつもなく長く感じましたが実際にはその時間がどれくらいだったのか思い出すことも出来ません
ただ、揺れが収まったら 何よりもまず 「食料を調達しに行こう!」 それだけは決めていました




私があの時経験した「東日本大震災」をもう一度思い出し ここにまとめてみようと思います


3.11 130312


To be continued・・・


35年前の記憶 - 2013.03.12 Tue

私が記憶している地震・・といえば、1977年(?)の震度4の地震。
細かい事は忘れたけれど、まだ学校にいる時間帯でした

授業中だったような・・・
机の下に潜ったような・・

とにかく「怖かった」という印象だけが強く残っています
その後、 宮城県沖地震 を経験

まだ小学生だった私は M7.4(震度5)の揺れに恐怖を感じつつも (空腹だったのでしょうか!?)テーブルの下に潜ったまま菓子パンを食べていました
菓子パンを食べながらも、食器棚から飛んでくる食器の数々、それらが割れて飛び散る破片に 「ただごとじゃないな」と思ったくらいにして。

揺れが収まって外に出たとき、初めて被害の大きさを目の当たりにし恐怖感に襲われた気がします

その後 母からの指示で、スーパーへ 「火を使わなくても食べられるもの」 を買いに出掛けたものの 何一つとして買うことは出来ませんでした
大人たちの商品(食料等)争奪戦に ただただ気後れしてしまったのです

母から頼まれた「買い物」が出来なかった事
それはとても情けなく悲しく、帰り道、1人泣きながら帰った記憶があります

とりあえずその夜は 何かを食べたのでしょう(パンかなにか・・・)


翌日には親戚がダンボールに沢山の食料(パンや缶詰、ケーキなど)を買い込んで来てくれました
ライフラインは完全に止まったままでしたが、数日はその「差し入れ」でなんとかしのげたように覚えています



もう35年も前のことではありますが、当時の事はいまでも薄っすらと覚えています
そして、あの時の経験が 「3.11」の震災時に役立ったようにも思うのです



1978年の宮城県沖地震以来、 「またいつか (大きな地震が) やってくる」 といつも母からは聞かされていました
それだけに、地震に対する心構えというか、緊張感はいつもあったような気がします
ただ単に地震恐怖症でビクビクしていただけかもしれませんが・・



その後大きな地震を体験したのは、2003年の5月にM7.1。
そして2005年の8月にM7.2。
どちらも強く揺れ、震度5クラスだったような・・・

でも、どちらも「宮城県沖地震」とは違う・・・と。

もっと大きな地震が来る

そんな風に言われていた中で発生した 「3.11東日本大震災」 でした


To be continued・・・


3.11 - 2013.03.11 Mon

東日本大震災から2年

今日は朝から沢山の特番が放送されています
あの震災で、沢山の方の日常が奪われました
そして、大津波で多くの方の命が奪われました

謹んでご冥福をお祈りいたします


今も沢山の問題を抱えたまま、まだ解決の糸口さえ見えないことも多いように感じます
一日も早い復興を・・
そして全ての人に穏やかな日が一日でも早く訪れますように・・

私1人の力では何も出来ません
でも、3.11を忘れず、少しでも力になれることがあれば微力ながらも協力をしていきたいと思っています


large130311.jpg


2時46分、黙祷をささげたいと思います







風が流れていく - 2013.03.11 Mon

またもや寒波に襲われ ガクガクブルブル・・

昨日の朝、気温10度まで上がったかと思ったらあっという間に強風となり、気温はぐんぐん下がり、なんだか冬に逆戻りしたみたいです


今時期が一番走り辛いです
体が寒暖の差に対応しきれない・・という事もありますが、路面も凍結したりシャーベット状態だったり、雪融けで水浸しだったり。
思うように走れないストレス&寒さで参っちゃいます
 これも春になる前のステップだ・・と判っていてもね^^;

さて、今日は寒い冬を楽しむ「お散歩Run」の様子をちょっとだけ紹介させてください。


積雪深が1mほどあった2月のある日
若干風は強かったものの 歩道の除雪がされている場所を見つけたのでのんびりJogを実施。

歩道130310

ところが、時折吹く突風で体が横に流されます
雪の壁にぶつかりそうになりながらもなんとかバランスを取りながら走っていました




歩道のアチコチにある 折れてしまった桜の枝を拾おう・・としゃがんだ瞬間、感じたのですが・・・

しゃがむと寒くない♪

歩道2130310

当然ですが、雪の壁が風をさえぎってくれるので 寒いどころか若干の暖かさ(?)を感じます
そんな事がちょっと楽しくて 思わず雪の上にペタンと座り込む(笑)



風は相変わらず強く吹いています

強風130310





雪が横に飛ばされているのが見えます

強風2 130310

多分、この風に当たったら耳が冷たいハズ
でも雪の壁のお陰で 全然寒くな~い♪♪

相変わらず雪の上に座り込んだまま、雪が横に飛ばされていく様子をジーーッと眺めておりました
まるで「風の流れ」を見ているようです




やがて風が止み、青空が見えました
ゴロンと雪の上に寝転がってみます (  歩道なんですけど、歩行者は皆無^^;)

ゴロン・・と130310


空が青~い
そして、雪の壁の上部ってこんな風になっているのね・・

なんだか鍾乳洞みたい^^;


こうなっちゃうと、走りに来たのか雪遊びをしに来たのか判りません
そのうちお尻が冷えてきちゃったので、いい加減走るのを再開せねば・・・


風も落ち着き視界良好♪

Run再開130310

サッと立ち上がり、何事もなかったかのようにまた走り出しました
・・・が、もし、ここに歩行者がやってきたらかなり恥ずかしいよな~^^;

そんな事を思いながらの「お散歩Run」
春が来るのを待ちわびつつも、春が来るまでを楽しめる時なのであります


信号が見えない - 2013.03.10 Sun

吹雪いた日の ちょっとした恐怖
それは信号が見えないこと^^;

雪が張り付いてしまうと「青」なのか「赤」なのか・・全く認識できません

信号130309

進んでいいのか、止まるべきなのか・・

迷いながら交差点に近づく
それはちょっとした恐怖です(涙)


この状態で信号を認識できる人っているのでしょうか???

多分にして、どちら様も 「前の車に倣え」 ・・みたいな^^;
吹雪いて視界不良なのも怖いですが、信号が見えないのもこれまた怖いものです

この冬も3度、こういった現象に遭遇しました
でも、もうそんな吹雪く日もないでしょう
そう願いたい

ウサギかな? - 2013.03.10 Sun

春が近づくにつれ、綺麗な雪景色との「別れ」も近づいてきます


冬は寒いし、雪が降れば走り辛いし、シモヤケは悪化するし、ちっとも良い事なんてないのですが お天気のいい日には綺麗な雪景色が見れるのがちょっとした楽しみでした。
膝下まで積もった雪の中をエッチラオッチラ・・・と漕ぐようにして歩く事もありますが、それはそれで気にしない^^;
(さすがに膝上まで積もると侵入不可能ですが・・・)



気持ちいい景色が見れると それだけで得した気分♪

青空と白い雪130308

ローカルな土地には刺激的なものはありません
お洒落なお店もなければ飲食店もさほどない
楽しくない・・と言えば楽しくないかもしれません

でも、この綺麗な景色を眺めながら走れるのって悪くない
田舎ならでは・・の特権よね



デジカメ持参であっちをフラフラ・・ こっちをフラフラ・・

晴天なり2 130308

もちろん、冬場は走れるエリアがごくごく限られていますので遠出は出来ません
でも、近場でも気持ちいい景色を味わえる場所が意外とあるものです
そこで「小さな発見」があったりすると これまたワクワクしてきちゃう



川にほど近い場所で見つけた小さな足跡

うさぎ? 130308

これはウサギかな??


夫は「うさぎなんているわけない」と信じてくれませんが、この足跡はウサギでしょう~
出来る事なら実物を見てみたいものですが、日中は出てこないのかな・・
夜行性じゃないでしょうし、早朝だったら会えるのかしら??

もしかしたらいつかどこかでウサギを見れるかも!!

そう思うと、走る時はデジカメが必須アイテムなのであります^^;





大事な相棒は「手洗い」で - 2013.03.09 Sat

洗濯ネタでもう一つ♪
ランニングウェアは当然日々お洗濯しますが、シューズも時々洗います。


走り始めた当初はシューズを洗うなんて考えもしませんでした^^;

当時、私の周りの諸先輩方は 「シューズは大事な相棒だ」 と仰っていてそりゃ~大事にされていたものです
ソールが減ってしまえばメンテナンスに出したり、インソールをオーダーメイドで作ったり。
(どちらもお金がかかるのよーーー(涙))

そしてシューズは時々「手洗い」で洗うんだとか。


そういうものなんだ~~。

普段履いているスニーカーは 実のところ洗った事がありません^^;
ソールが減ったら処分して新しいのを買っちゃいます

でも、ランナーにとって「シューズは大事な相棒」というお話を聞いてからは 私もその先輩に倣い、ランニングシューズを時々洗うようにしております
(冬場のシューズはシーズンオフの時に・・ね)
もちろん、「手洗い」です。
使う洗剤は(よく汚れが落ちるという)クリーニング屋さんで売っているスティック状の固形石鹸
これがかなり優れもので、ドロ汚れなんかも綺麗になります

この冬も、遠征3連戦が終った時にレース用のシューズを綺麗に洗いました

「3連戦ご苦労さんね~ また春からよろしくね~」 みたいな気持ちで。
もちろん、夫のシューズも 洗ってあげます 洗います


先日、そんな話を友人にしたところえらく驚かれました

「ふぶきさんっ、それは甘やかしすぎでしょ~!!シューズくらいは自分で洗わせたらいいのよ!!」 と(苦笑)。


その子(A子)曰く・・・

ランニングが趣味である以上、シューズは趣味の道具の一部
趣味であれば、それのメンテナンスなどは自分でやるのがセオリー
洗う=主婦の仕事(家事の一部) と捉えるのは夫側の勝手な解釈であり、妻がそれを担う必要はない 

・・・という考えらしい^^;


き・・・厳しい~~
その話を一緒に聞いていた夫は絶句(笑)


他の友人(B子)の意見はこうだった
(B子は ランニングが縁で結婚した)

うちは(旦那の分を)洗ってあげてるけど、そんなものはコインランドリーでシューズ専用洗濯機に放り込めばいいのよ!

・・・以上・・・


夫は無言・・(苦笑)


A子の意見を 「なるほどな・・」と思い、B子の意見も 「そういう手もあるか~」 と聞き・・
でも、どちらの意見にも 私は傾かないな~という結論^^;

大事な相棒を洗濯機でガラガラ洗うのはどうしても出来ないし、かといって夫がシューズの洗濯をしている姿を想像しても、これまた違和感があり過ぎる


我が家の場合、やっぱり私がやるのがベターだわ^^;

そう思ってはいるものの、面倒なのが紐通し

白さ蘇る130307

根っからの不器用モンなもので~~(滝汗)
これだけは夫自身にやってもらいたい・・・というのが本音

でも、夫は私以上に不器用?
しかも細かい作業が大嫌い
多分にして紐通しをしている途中でイライラしてくることでしょう

こんな事でイラつかれるなら、私がやったほうがいいわ^^;

左右対称になるように、途中で紐が捻じれないように、丁寧に丁寧に紐を通す
たかが紐通しで 「内職しているみたい」 な気分に・・・(汗)


二人分のシューズの紐通しを終えた時には若干肩が凝ってる感じです^^;
でも、綺麗になったレース用のシューズ
そして綺麗に紐通しを終えれば ちょっとした達成感


ど~よ!! ほら、見て!
こんなに綺麗に してあげたわ なったわ!
真っ白になって清潔感溢れるレースシューズに蘇ったでしょ??


たかだかシューズを洗っただけですが、主張してみるものですね


マクドナルドのギフトカード500円分、頂きましたから~~♪
(何故に夫がマクドナルドのギフトカードを持っていたか・・・は謎ですが(笑))

マックカード130307

うふふ・・・
なんだか得した気分♪

さて、これで何を買おうかな~
期間限定バーガーにしようか、はたまたカフェメニューにしようか。
朝マックも捨てがたいな~~!!!

「500円」で感じられるささやかな楽しみ、ワクワクドキドキ~~♪♪


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

 ふぶき

Author: ふぶき
食べたり飲んだり・・・で、過剰摂取にならないよう ランニングを継続中。
走歴は10年。
目指すところは・・
☆還暦過ぎても「走れる人」でありたい☆

別ブログ【晴れたらいいね ~走食女子の日常~】も、よろしくお願いいたします♪
https://fubukirun.exblog.jp/

最新記事

最新コメント

welcome to my blog

ランキングに参加してます

ポチッと一押ししていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ご挨拶 (17)
外食(外飲み) (92)
うち飯(&晩酌) (118)
身体の事 (86)
お出かけ (138)
Run (505)
TBテーマ (100)
四季折々 (168)
食材とか栄養の事 (70)
チョイ買い (70)
お取り寄せ (10)
頂き物・お土産 (27)
お酒 (69)
お気に入り (30)
お菓子・スイーツ (48)
日常 (602)
「3.11」 (27)
パソコン奮闘記 (24)
東京マラソン2014 (16)
転職・転居 (38)
杜の都より (25)
夫の事 (15)
東京マラソン2018 (22)
防災 (1)
東京マラソン2019 (15)
東京マラソン2020 (10)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR