fc2ブログ
fc2-3.jpg

2013-01

キラキラ輝く - 2013.01.31 Thu

冷え込みが厳しい朝は玄関を出た瞬間に刺さるような冷気を感じます
それはもう「寒い」という感覚ではなく「しばれる~」っていう感じ


でも、そんな寒い日だからこそ出会えるものがあります


ケアラシのように モヤが立ち込めるエリア
ごくごく普通の団地内ではありますが、ちょっとモヤがかかっているだけで幻想的~
そして外灯に照らされている雪の粒がキラキラと輝いて見えます

ケアラシのように130129

このモヤ・・・
多分、消雪のために放水しているご家庭があるからだとは思うのですが この現象は-10度近くまで気温が下がらないと見れません
-10度と言うと、とてつもなく寒いのでは・・・と思うかもしれませんが(走っている分には)意外と耐えられる寒さです
(但し無風であるのが条件・・・^^;)

ただ、頬に感じる冷気は半端じゃないですが・・・



そしてこちらも・・
寒い日限定で見れる霧氷

霧氷130129

外灯の灯りでキラキラと光ってみえるのがこれまた綺麗
気温が低ければ必ず見えるものでもないだけに、霧氷を見れた時はかなり得した気分


毎日何気なく見ている景色は、常に一期一会。
よって いつ何時 「綺麗だな」 と思うものに出会えるか判らない

だからこそ、走りに出る際にはデジカメが必須アイテムだったりします^^;


ただ、-10度ですからね~
カメラを取り出そうにも手がかじかんで思うように動かなかったりするのですが・・(苦笑)
そしてカメラを素手で持つことで あっという間に指先の感覚はなくってきます
キンキンに冷えちゃいますのでデジカメを誤って落としたりしないよう要注意!


つい先日の「しばれる~」感覚の日は、こんな感じの気温の下がり具合でした

気温130130

深夜から早朝にかけてググッと冷え込んだんですね


でも、風が穏やかだったのでさほど苦なく走れます

風速130130

マイナス二桁で微風の状態と、-3度くらいで風速7m・・
どちらがお好み?

そう聞かれたら 間違いなく前者を選びます、ハイ!



来月中旬くらいになれば、夜明け時の霧氷も楽しめるかな?

早朝130129

朝陽を感じる中での霧氷もこれまた美しいものです
もちろん、冷え込みも一段と厳しく感じられる時間帯ではありますが・・・^^;


寒さ厳しい日はまだまだ続きますが 寒い時期だからこそ見れる景色を楽しみながら越冬したいと思うのです


スポンサーサイト



一人歩き - 2013.01.30 Wed

レース後は、(京葉線にて)東京駅まで一度戻り、そこから乗り換えをして(食事&お風呂が一箇所で済む♪→)スーパー銭湯へと向かうプラン。
スイーツバイキングにはありつけなかったものの、スーパー銭湯はとっても楽しみ♪
とにもかくにも 早くお風呂に入りた~い!!


なにより 1週間ほど悩まされていた腰痛はレース後さらに悪化。
ミシミシと痛み、立っているのも苦痛です
遠征の大荷物を肩に担いで歩けばバランスも悪く、ますます苦痛度up

そんな状態なだけに、京葉線を降りてからの移動は辛すぎました(涙)


なんてこんなに歩くわけ~~~~???
山手線や中央線はホームが隣接しているのに、どうして京葉線だけこんなに離れてるのよ~~



トホホな気分になりつつも、「もうすぐお風呂だ・・」と思えばこそ 頑張って 歩けました^^;

お風呂に入ってホッと一息
疲労困憊な身体がジワリジワリ・・・とお湯で温まり、筋肉が緩み、心も身体もホッコリ気分

男性陣はお風呂に入り~の、食事し~の、またお風呂に入り~の、アルコール飲み~の・・・ のフルコースを楽しむらしい
私も便乗したかったのですが、この腰痛をとにかくなんとかしたい!!  


よって、1人単独行動を取らせてもらう事にしました。
夫は当然、スーパー銭湯満喫中~(笑)



ワクワクどきどき・・・な「東京1人歩き」

路線図130129

若干緊張しながらの路線図チェック(苦笑)

行き先は 友人がやっている鍼灸治療院
少しでも楽になれるなら・・・と事前に予約しておいたのです


先月は、右も左も判らずに 路線図を見ても目が泳いでいました
が、今回は意外とすんなり目的地となる駅名も探せました
何事も 習うより慣れろ ですね^^;


それでも乗り換え時にはやっぱり緊張~
山手線では外回りと内回りを乗り間違えてしまい、気づいた瞬間ギョッとしました
幸い、すぐに逆回りの電車に乗り換えましたので さほどのロスタイムはありませんでしたが・・・^^;


移動途中、友人からメールが入ります
「乗り継ぎ大丈夫?黄色い電車に乗るんだよ。」 ・・・と(笑)



確かに「黄色い電車」でした

黄色い電車130129

これって凄いかも!
駅構内でも同じ色で路線案内されていますし、車体も同じ色のラインカラー
(これに感動しているのは私くらいかしら???)


お陰で迷う事なく無事に治療院まで行く事が出来ました
夫と共に行動するよりスムーズだったかも???(笑)


治療後、腰痛はいくらか軽くなりました ・・が、完治には至らず。
それでも普通に歩けるようになっただけで助かりました


さて、スーパー銭湯で楽しんでいるハズの夫はどうなったかしら???
電話をしてみたところ、場所を移動してまだ打ち上げ続行中。

楽しいのは判りますが、帰りのバスに間に合うように戻ってきてね~
じゃなきゃ、私1人で帰っちゃうよ??


その電話で一気に酔いが醒めた夫
大急ぎで電車に飛び乗り戻ってきました


それは夜行バス出発1分前・・・(苦笑)
滑り込みギリギリセーフ!!


もし私が電話してなかったら、夫はどうなっていたでしょう??
とりあえず、無事にバスに乗れたのであまり深くは考えないでおこうと思います^^;



Qちゃんとハイタッチ @千葉マリンマラソン - 2013.01.29 Tue

レース当日は幕張本郷駅から出ているシャトルバスを利用して会場入り。

すると、シャトルバスとしてバス停に待機していたのは あの連接バスです

連接バス130127

淡々とした表情でバス停に並びつつも 内心「ラッキー!」みたいな♪

ちなみにこの車体にはマリーンズのキャラクターが描かれています。
(誰のものかは判りませんが)野球選手のサインも・・・
(マリーンズのファンだったら絶対に嬉しいバスよね、これって♪)



千葉マリンマラソンには 13,000人以上の人が参加しています
よってシャトルバスもギュウギュウ詰め
次々とバスがやってきては、ギュウギュウ詰めで選手を大量輸送


京葉線を利用する方も多いとは思いますが、シャトルバスを利用するにあたり、全く待たずに移動できるなんて素晴らしい!!
(長蛇の列になる経験を 幾度かしております)




8時過ぎにはスタジアムに到着しましたが、既にアチコチで場所取り合戦が始まっています

内野席をキープする人もいれば、更衣室近くをキープする人、日当たりのいい場所を選ぶ人など・・様々。
私達は(同じように)遠征してきた仲間と合流して内野席をキープしました

ちょうどゴール地点のまん前

日影130127

でも日影なのが難点
びっくりするような強風で寒すぎます

内野席は魅力的ですが、この寒さには耐えられません
よって風をしのげる場所に早急に移動。

スタジアム内では開会式が行われており ゲストとして来ていたQちゃんの挨拶が・・・


Qちゃん、一目見たいけど 寒いのはイヤだ~~~!!!
よって、音声だけ聞いてました^^;

どうやら この大会に参加したランナーの 90%以上の人とハイタッチをするのが目標 とのこと。
そういえば、「仙台国際」でもコース上でハイタッチ大作戦してたっけ。

果たして 「千葉マリン」でも Qちゃんとハイタッチできるかな??




さて、レース1時間前となり、そろそろウォーミングアップをしようかな・・・と外に出てみると、凄い人、人、人!!!

当日エントリー130172

当日エントリーで並んでいる方々です


こりゃ大変だ!
前日にエントリーしておいてよかった~~!!!



とりあえず敷地内をアチコチうろうろ見学しながらウォーミングアップ。



ここからスタジアムに入るのね・・・

スタジアムへ130127

21km走ってきて、果たしてこのポイントが「花道」となるか、否か・・・。
強風の中のレースになるのは確実なので 決して楽な状態では戻って来れないのは判っているけれど、失速ヨレヨレな状態にならずに戻ってこれたらいいな・・・と。



海浜公園のほうを走っていたら 海の向こうに薄っすらと見える・・あれは富士山??

幕張より130122

これにはテンション上がりました。
まさかここから富士山が見えるとは!!!

もうウォーミングアップなぞそっちのけで写真を撮ってしまいました^^;


そうこうしているうちに レース開始30分前!
おっとボヤボヤしてはいられない!!!

急いでユニフォームに着替え、(寒さをしのぐ為に)ゴミ袋を被る(笑)
10,000名以上いる選手の中で、ごみ袋を被っているのって・・・ 私だけ???


実は、ビニール袋を被るのは初体験^^;
でも「寒さしのぎにはちょうどいい」 とラン仲間から聞いていたので 今回思い切ってトライしたのです。
確かに、ランシャツ&ランパンで待機しているよりは断然寒くない。

見た目はカッコ悪いですが、この際そんなのどうでもいい(笑)
寒さでトイレに行きたくなったりしたら それこそ厄介ですから・・・^^;


スタート1分前のコールがかかるまでビニール袋愛用。
後、小さく丸めて片手に握る → 給水ポイントのゴミ箱に捨てる という作戦♪


これはなかなか良い作戦でした。
今後、冬のレース時にはゴミ袋(45リットルくらいが適当)必須アイテムだわ


レース自体は 往路は追い風、復路は向かい風。
よって往路は風にのって行けるところまで行ってしまえ~ みたいな勢いで。
復路は 理想は「集団走」をしたいのですが、なにせ走力が伴わないもので、なかなか「集団」の中に入れず(涙)
結果的には終始単独走
向かい風ともガチでバトル

時折吹く強風に思わず身体が流されるけれど 「雪がないだけマシだから~」 と、ちょっと無理のあるポジティブ思考回路(笑)

それでも集中力が途切れてしまう時がある

「往路頑張ったし、復路もこんなに頑張ってるんだから、もう止めてもいいよね??」 みたいな^^;

いえいえ・・・
(体調不良や怪我をしたわけじゃないのですから) ゴールするまで走るのは止めちゃダメです
頭では判ってますし、本気でリタイアするつもりはないのですが 何度となく 「もう止めていい?」 と自分に問いかける自分がいました(苦笑)

情けない・・・


稲毛海浜公園に入ると 和太鼓で応援をしてくださる団体さんがいました
これには力を貰いました

力強い和太鼓のリズムがぐんぐんと背中を押してくれるのです

そしてボランティアで参加していた中学生男子
「ここガンバですっ! ここ頑張ったら必ず行けますっ!!!!」


16kmあたりだったかな~
1人で大きな声をだしてエールを送ってくれました


向かい風に煽られ、必死に走ってきて もう「どうでもいいや・・」と投げ出したい気分になっていた頃だけに この中学生の言葉にまたもや背中を押されました

苦しいからこそ、もうひと頑張りだ!

本当は「ありがとう」と言葉を返したかったけど もう声も出ない
「はいっ」 と返事するのが精一杯でした


その後、17km過ぎたあたりで 約束通りにQちゃんが立っていました


「はい、頑張って~~!!!」

片手を出し、走ってくるランナーと次々ハイタッチしていく
もちろん、私もハイタッチ!


ヘトヘトなはずなのに、ハイタッチしてさらに気持ち盛り返す^^;
あとは気力で勝負。
失速しているのは判っていたけれど、少しでも(ペースの)落ち幅を抑えてゴール目指したい一心で・・・



スタジアム敷地内に入ってからは まさに無我夢中。
コーンで仕切られたコースを走り、そのままスタジアムに突入~~~!!!!


フカフカの芝生の心地よさをほんのちょっとだけ感じながらのゴール。
タイムを見れば またもや自己ベスト更新でした


これはありえない・・・・
なにか神がかり的な事が起こったとしか思えない


心地よい芝生の上でしばしレースの余韻に浸っていたかったのですが、参加者数が多いだけにそれは不可能
ゴールしたらすぐにスタジアムから出るように促されます

あぁ、もうちょっとこの芝生の上にいたかったな~^^;



とりあえず、他の(遠征組)メンバーは既にゴールしていますので、私も早々に陣取っていた場所に戻りました


着替える際、ちょっとだけゴール地点を覗いてみましたら こんな感じ

ゴール130127

次々と走ってくるランナー
確かに、芝生上でウロウロしていたらスタジアムが満員状態になっちゃいますね^^;


太陽が低い位置にあった朝は ゴール地点も日影状態
でも、太陽が高くなった日中は 日差し降り注ぐ中でのゴールとなりました
これは気持ちよかった~~


ササッと着替えた後は早々に退散

風は相変わらず強かったですが、雲ひとつない青空がとても気持ちよかったです

快晴130127

さて、目の前に見える大きな建物
ずっと「どこかで見たような・・・」と思っていたのですが、今から15年ほど前に来た事がある場所
確か最上階でスイーツバイキングが出来る場所。
「アパホテル&リゾート(東京ベイ幕張)」
せっかくだから、ここでランチ・・・っていうのはどうかしら?
ついでにスイーツバイキングも♪

女性だけでの遠征なら ランチ&スイーツ で決定だった事でしょう
でも、私意外は全員男性
当然スイーツ系には無反応^^;

あぁ、残念。


でも、スイーツと同じくらい大好きな「お風呂」を存分に楽しめたアフターだったので それはそれでヨシとしましょう♪





さて、ハイタッチ大作戦を結構したQちゃん

どうやら数箇所で頑張ってくれたようです
10km手前に現れたり、後半17km辺りで現れたり・・
そしてゴール手前でもこんな風にランナーを出迎えてハイタッチしていたようです

spo1301220710002-p1.jpg

(画像は サンケイスポーツさん から拝借)

やっぱり可愛いわ、Qちゃん。
5月には「仙台国際ハーフマラソン」でゲストに来るらしいですね
またハイタッチ出来たらいいな~

イルミネーション - 2013.01.28 Mon

杜の都・仙台の冬の風物詩・・・といえば、 「SENDAI ひかりのページェント」 でしょう
定禅寺通りのケヤキ並木には数万個のLEDライトを取り付けられ、シャンパンカラーの温かい光に包まれる


このLEDライト、一昨年の震災の大津波で被害を受け その全てが使用不可能な状態に・・・
その年のページェントは実施不可能だろうな・・と思っていたら、なんと電飾40万球を新規購入したというじゃないですか。
他、表参道のイルミネーション実行委員会からお借りてなんとか実施にこぎ付けたそうです

ネットを通じての募金活動もありましたので、私もすぐに募金しました。
これからもずっと仙台の冬の風物詩として続いてほしいから・・・


出来る事なら毎年でも見に行きたいのですが、そうそうチャンスもなく・・・
写真は一昨年の「SENDAI ひかりのページェント」
震災で被害を受けながらも、定禅寺通りのケヤキ並木がこんなにも美しく光り輝くなんて・・・

光のページェント130127

感激でした。


でも、これっきり、イルミネーションらしいものを見てません。




実は、先月の東京遠征時に 丸の内で行われているイルミネーションを見たいと思っていました
ちょうどクリスマス前でしたし、きっとステキなイルミネーションが見れるであろう・・と期待していたのです。
ところが、予定は未定。
結果的にはイルミネーションどころではなくなっていましたし・・


今回こそは・・・と目論んでいたものの、それも叶わず。




でも、その代わりに・・・と言ってはなんですが、海浜幕張駅で綺麗なイルミネーションを見つけました

イルミネーション2 130127

クリスマス時期じゃなくても、意外とやってるものなのね~

寒い時期だからでしょうか・・・
このイルミネーションの光に癒されます♪
(夏場にイルミネーションを見ても、同じ感覚になるものだろうか????)



ステキ、ステキ・・・と喜んで写真を撮ってはみたものの、オンナ1人でここに来るのもわびしいかな^^;

イルミネーション130127

周りを見てみれば 若い世代がラブラブな雰囲気でお散歩中だったり写真を撮っていたり・・・って感じ。
他、帰宅を急ぐと思われるOLさんやサラリーマン風の人がチラホラと。
もちろん、毎日見ているであろう このイルミ。
当然ながら無反応で通り過ぎていきます



三脚を用意してデジイチでしっかり「撮影しに来ました」って感じであれば、1人でも半分でも「目的は写真撮影」なので気にしないのですが、ワタクシの場合はコンデジでパチっと^^;
ちょっと淋しい~~~!!!
よって早々に退散しちゃいました。

でも、チラッとでも綺麗なイルミネーションを楽しめてよかったです♪


ちなみに、一緒に来た夫はイルミネーションなぞ興味がなく、アウトレットモールにてなにやら物色中でございました^^;
(今回は「見るだけ」だったようで、買い物をされなかっただけでもよかったわ~~)

幕張散策Run - 2013.01.27 Sun

今回エントリーした大会は 「千葉マリンマラソン」


海沿いを走る平坦コース、Qちゃんがゲストとして来る、会場がマリンスタジアム・・など色々魅力的要素はありましたが、一番惹かれたのが 「ゴールはスタジアム内」 である事。

野球をやっている人じゃない限り、球場のフィールド内って入るチャンスがないと思います。
・・・なだけに、「フィールド内でFINISH」って魅力的♪

マリンマラソン130126


この大会は 前日受付可能だったので、ホテルから走ってスタジアムまで行く事にしました
軽く走れば疲労した筋肉もほぐれるでしょうし、なにより幕張のビル街を見てみたい♪

腰痛が悪化しない程度のスロージョグでマリンスタジアムを目指します


風も穏やかで青空が広がる中、高層ビルがいくつも立ち並んでいる幕張新都心

幕張新都心1 130126

そのビルの高さ、多さにビックリです!
オフィス街なだけに車の通行量も少なく、なんだか不思議な感じがしました


道路が広いです
そして歩道橋が大きい!!!(多方面に広がってる!?)

幕張新都心3 130126

ローカル地では、歩道橋などほぼありません^^;
あったとしても とても小さいもの
その歩道橋を利用する人はほぼおらず・・・

みな、平気で車道を渡ります^^;
(車道自体も狭いから~~~)


凄いね
広いね
大きいね

ワクワクしながら幕張散策Run♪
海浜幕張駅まで来てみれば 今度は人の多さにビックリします

オフィス街とは打って変わって ここは大盛況!?
お店の数も多いし、アウトレットなんかもあるのね~~♪
楽しそう!!


・・・と、ここまでは順調に来れたのですが 肝心のマリンスタジアムが見当たりません


大きな野球場です
スタジアムです
近くまで来れば 絶対に(スタジアム自体が)見えるはず!!! 
そう確信していました(汗)

でも、どこを見渡してもビルばかり


そうか・・・
スタジアムより大きな建物が立ち並んでいれば そりゃ~スタジアムが一目で見つけられるワケがない(苦笑)


ローカル地では、見渡す景色は ほぼフラット。
高い建物は数えるほどしかありません
(せいぜい3階建てくらい!?)

ドーム型の建物であれば、遠くからも目立ちます^^;
それと同じ感覚でいました・・・(涙)


さて、どうしよう・・・
前日エントリー受付終了間際です

これは急がねば!!!


バス停で並んでいた男性に(道を)尋ねてみたところ、丁寧に教えてくれました


ありがとうございます!
あとは急いでスタジアムを目指すのみ。
もちろん、スピードアップでGO、GO!!


結果、締め切り10分前に受付を済ませる事が出来ました^^;

マリンスタジアム130126

会場では大会に向けての準備が急ピッチで進められている様子
スタッフの皆様、ご苦労様でございます


それにしても急いで走ったせいで汗ばんでしまいました
一旦立ち止まったら今度は汗が冷えて腰の痛みがジワリジワリ・・・と沁みてくる(涙)

こりゃマズい!
帰りは無理せず 海浜幕張駅から 快適バスで移動^^;
(ここで 連接バスに乗る事が出来ました♪)



ホテルに戻れば もう夕暮れ時。
窓の外を見てみれば 遠くに富士山が見えました

幕張本郷130126

夫は 「千葉から富士山が見えるわけないだろう」 と言いますが、私には富士山に思えてならなかったのです


まぁ、実際のところは なんの山だったのか、判りませんが、富士山って事にしておきましょう^^;
きっと富士山よ。


それにしても、幕張とは一つの「街」ですね
新都心と言われているのも判る気がします

高層ビルも沢山ありましたし、デザイン性のある建物も多かったように思います

幕張新都心2 130126

やしの木(?)があったのにもビックリ!
(ここは南国???)

そして、もう一つ気になった事・・・

軽自動車って走ってないのね^^;



東京でも感じた事ですが、ここ幕張でも軽自動車は1台も見かけませんでした
それだけ「車社会じゃない」って事なのかな~



「粉モノ」はおやつ - 2013.01.26 Sat

夜行バスに乗る前、夕食を摂ろう・・・とパスタ屋さんに入りました。
パスタは大好きなので嬉しいのですが、量的にちょっと・・・ 足りない


夫は 「バスに乗ったら寝るだけなんだからこれくらいの量で丁度いい」 と。


大食いでごめんなさいね
どうしても足りなかったので コンビニであんぱん1個購入&食べる^^;

あんぱんの甘さに満たされたせいか、バスに乗ればすぐに寝る事が出来ました
(カロリーが高いと判っていても菓子パン系も好きです^^;)



パスタしか食してない夫は 早朝4時頃にお腹が空いたらしく 途中のSAで調理パンとおにぎりを購入。
そしてバスの中であっという間に完食。

逆に、寝ぼけていた私はパンもおにぎりも食べる気になれず 「あとで食べる~」 と放置したまま、またもや爆睡。


東京に着いたら 駅構内でなにかしら(立ち食いそばとか?)食事をすると思っていました
ところが、バスの中でパンとおにぎりを食べた夫は 何も食べずに皇居散策へ・・・

私は若干空腹気味。


散策を終えても まだエキナカのレストラン街のオープンまでには2時間くらいありました
夫もお腹が空いてきた様子
でもレストラン街のオープンまでには時間があるし、立ち食い蕎麦の気分でもないらしい
東京駅の地下街をウロウロするばかり

アチコチ歩いているうちに、雪片付けで痛めてしまった腰がまだ痺れ出しました
こうなったら歩くのもシンドい状態
私はもうどこにも行きたくありません

たまたまマクドを見つけたので とりあえずそこでお茶でも・・・^^;
(座れるところだったらどこでもいい~~~!!!!)


すると 夫は「朝マック」のセットメニューを買ってきてくれました

朝マック130125

ホットケーキ・・・・(涙)

お腹が空いていただけに ホットケーキより マフィン系がよかったんですけど・・・

夫にしてみれば (甘いもの好きな私に) よかれと思って選んでくれたホットケーキ。
とりあえず胃袋に入れれば 小腹は満たされます

ありがとう・・・
ごちそうさまでした。


その後、どこも観光する予定もなく 早々に宿泊予定のホテルに向かうものの、チェックインは 夕方4時 との事。
4時ですか!?
(しかも、夫はチェックインを3時と勘違い・・・^^;)


とりあえず荷物だけ預かってもらったものの、この後 (チェックインまで) どうしよう
腰痛は相変わらず・・

特段、どこへ行きたい・・とも思えず 駅のベンチでボーーーーーっと。
そのうちウトウトし始め、結果的にはベンチで1時間ほど転寝(爆)
オッサンか!?

そのうち風が冷たくなってきました


「風邪引いたら大変だから、どこかでお茶しよう」 と夫。


「お茶じゃなくて、ご飯食べない??」 ・・・・と言えなかった私(涙)



駅の中にあったお店で夫が頼んでくれた 「ココア」と、「りんごのデニッシュ」。

ココアとデニッシュ130125

どうせだったら調理パンがよかったな~~ と思いつつも 「りんごデニッシュ」、頂きます^^;

ホットココアが冷えた身体を温めてくれます
デニッシュを食べた事で小腹は満たされます

そして暖房が効いた店内でウトウト・・・


ウトウトしつつも、ちょっとお腹が空いたな~~ みたいな^^;

基本、甘いものが好きです
パン類も大、大、大好き!!!
(特に菓子パン系)

でも、それはあくまで 小腹塞ぎ(爆)。
(もちろん、平日の昼食などは 簡単にジャムトーストで済ませる事も多々ありますが・・・^^;)



それとは別に、3度の食事はしっかりと食べなければ気が済まないのです



結果的には (チェックインの)4時まで時間を潰す事が出来ず・・
ホテルにお願いして アーリーチェックインを 特別に 許可してもらいました^^;
(もちろん、追加料金ナシで・・・)


助かった・・・
これでベッドでお昼寝出来る~~



でも、その前にやっぱりご飯を・・・(滝汗)。




ホテル近くにあった松屋。
ここで軽くご飯を食べる・・というのはどうだろう。

夫を誘ってみると、快く承諾。


だよね!
日本人たるもの、やっぱり「米」を食べなきゃね!
最初から「お茶」せずに ご飯を食べれば・・・という突っ込みはナシで^^;

松屋130125


パンはいくら食べても小腹塞ぎ
(いくらでも食べれるのもこれまた怖いのですが・・・)

その点、ご飯はしっかりと「満腹感」を与えてくれます
この日、初めての「米食」に、やっと胃袋が落ち着きました


【教訓】
中途半端に アレコレ小腹塞ぎするのはよろしくない
やはり3度の食事時にキチンと「食事」をするべし。
(特にレース前日の「食」の乱れはレースに影響あり)


ワクワクするバス - 2013.01.26 Sat

ローカルな町で暮らしていると 車がなくては生活出来ません
通勤はもちろん、病院に行ったり買い物に行くにしても車は必須

多分にして殆どの家庭で複数台の車を持っていると思います。

あるご家庭では(車を)4台所有。
パパのワゴン車、ママの軽自動車、他、娘さんと息子さんもそれぞれ1台ずつ。
当然、車庫も超ワイド!!!
雪かき作業も(面積が広い分)大変らしいです^^;


そして、車社会なせいでしょうか・・・
あまりバスを利用する方がいないのかもしれません

それなりに団地や部落を回る路線は色々あるものの、朝に1本、夕方1本・・・とか。
便が多いエリアだと1時間に1本とか??

そしてローカルな地を運行するバスは車体もコンパクトサイズ。
それこそ マイクロバス のような・・・

実際、1便で乗車しているお客さんは1人とか2人とか??
よって、バスはコンパクトサイズで十分なのかもしれません^^;


そんなローカルバス事情に馴染んでしまった私



今回の遠征地「千葉市」でビックリ仰天するようなバスに遭遇しました!!!!!

なんじゃ、こりゃ~~~~!!!!!!

連接バス130125

パッと見た瞬間、バスが2台並んで待機しているんだと思いました。


違いますよ!?

これはつながってる????

連接2 130125

バスのリアウィンドウには注意書きがありました

「追い越し注意」・・みたいな

バスの全長18m


ひょ~~えぇぇぇ~~~!!!!


連接バス というものらしいです
ビックリ・・という域を超え、ほぼ興奮状態(苦笑)


まさかこの世にこんな凄いバスがあるなんて!!
想像すらしたことがありません(汗)
バスの長さもさることながら、窓が大きいし、ドアも大きいし・・

そしてこのバスの運行本数もハンパない!
まるで地下鉄並み!?
こんなに頻繁に運行して乗客はいるのかしら?? ・・・と思うと、意外にお客さんが次々と乗って行くのです。

さすが幕張新都心!
きっと通勤時なんかはこの連接バス1台で大量輸送が出来ちゃうんですよね
千葉ロッテの試合がある時だって利用者が多いでしょうし、幕張メッセでのイベント時も大勢の方が乗車するのでしょう


都会って凄い・・・・(滝汗)



そしてもう一つ、ギョッとしたのがこのマーク

ベンツ130125

バスなのに・・・ 

ベンツ ですかーーーーっ!!!!!



こんな凄いバスには早々お目にかかれない
これは乗ってみなくては!!
是非とも乗りたい!
絶対乗りたい!!!


でも、問題はその乗車料。

こんなハイテクバスだもの、きっと普通のバスとは料金体制が違うはず!!
(なにげにベンツですし・・・)


バス停で待機中の運転手さんに恥ずかしげも無く聞いてみました


「すみません、こちらのバスは普通のバスと料金は一緒ですか?」
旅の恥はかき捨て・・・ってことで^^;


嬉しい事に料金は同じでした
だったら乗らなくちゃ~!!!


当たり前ですが、他の乗客の方は ごくごくフツーに乗っていましたが 私は緊張と興奮度MAX!!
ICカードで精算出来るのにも驚きですし、車両内にて駅への到着予定時刻が表示される(  バスロケーションシステムと言うらしい) のにも驚き・・


都会ってやっぱり凄い!!
改めて そう思ったのでした^^;



復元・東京駅 - 2013.01.25 Fri

東京駅の丸の内駅舎・・・
その屋根瓦には 宮城県(登米市)の天然スレートが使われているそうです
((戦後、1947年に再建された際に使われたのと同じもの)


ところが この天然スレートは、3.11の震災で津波被害にあった石巻市で保管していたらしく、大津波で流されてしまったんだとか。
それを(保管していた会社の)従業員達が手作業で拾い集め丁寧に洗い、回収した中から40,000枚が使用可能と判断され、この駅舎の屋根の一部に使われた・・・と。


まだ雪の降る寒い時期でした。
あれだけの大津波が来た後ですから スレートを拾い集めるのには想像以上のご苦労があったと思います
ニュースでこの話を聞いたとき、従業員の皆様の熱意に感動しました

そして、実際にこの駅舎を見たとき 更に感動が深まりました

赤レンガ駅舎130124

被災したスレートが、いまここでこうやって丸の内駅舎の屋根の一部になっているなんて・・・


頑張れよ、登米の天然スレート達!
末永く愛されるように・・・ね




そして、もう一つ楽しみにしていたのが駅舎のドーム屋根の内部

内部130124

北口から入ると開放感のある吹き抜けの天井
壁にも天井部分にも美しい彫刻がなされてあります
干支のレリーフもあるようなのですが、 よく判らない・・



ドームの真下から見上げてみれば、ただただ見とれてしまうばかり

真上130124

なんて美しいんでしょう
この彫刻やレリーフは、全て大正時代に作られたものをを復元したそうですね

ちなみに、JR東日本では、今回の復元完成で 「駅舎見学マップ」 なるものを製作しているようです
見所のポイントなどが記されているんだとか・・
(pdfファイルです)

この先、駅舎見学に行かれる予定のある方は要チェック♪




そして、この駅舎と共にオープンした 東京ステーションホテル

国指定重要文化財を使ったホテルは全国でもここだけ。
皇居を眺められるお部屋や、このドーム型のエントランス(?)からコンコースなどを見下ろす事が出来るお部屋など、150部屋あるそうです


重要文化財がホテルになっちゃうなんて、凄すぎます(汗)

そういえば、遠野市(岩手県)に遠征に行った際、駅にホテルが併設されていた記憶が・・
でも、アレとコレとではレベルが違いすぎます^^;

チラッとだけHPを覗いてみました

見るだけよ~

見るだけね~


とりあえず「アニバーサリープラン」みたいなのをポチッとクリックしてみたら お値段100,000円/1室


ドヒャーーーッ!!!!(>_<)

一瞬、「0」が1個多いんじゃ???・・・と思ってしまいました
が、よくよく考えれば10万円位しても当然よね^^;


ベーシックプランを覗いてみたら こちらは36,000円程度/1室。
それでも36,000円か~~~

フランス料理のフルコースディナーがついたプランで78,000円/1室 とか。
ディナーがついてこの価格だったらアリかしら??
(100,000円を見てしまったら、5桁が安く感じる・・・^^;)


段々感覚がマヒしてきました(滝汗)



自分の人生の中で ここに宿泊するチャンスはないだろうな。
もし宿泊したとしても 場違いすぎてド緊張!?
癒し空間になるどころか、逆に安らげないかも・・・(苦笑)



モデルさん - 2013.01.24 Thu

東京駅近辺では(駅舎の)写真を撮る方が意外といました。

私もその中の1人でしたが、コンデジでパチリ・・・と簡単に撮っちゃう観光客。

中には修学旅行の記念撮影的な団体さんもいました
雰囲気からすると中学生かな?
みんなハイテンションで 「ハイ、チーズッ!!」
(元気だね~~)

三脚をセットし、デジイチでじっくり構図を決めている方もチラホラと・・・



そんな中、独特の雰囲気をかもし出すカメラマンさんがいました

プロっぽいオーラがビシバシと出ております
レンズを向けている先は丸ビル
(丸ビルをどんな風に撮るんだろう???)


何度もファインダーを覗き、撮影ポイントを確認している様子
ビル1つ撮るのに随分入念なチェックの入れ様です


プロの仕事とはこういうものなのか・・



そのまま通り過ぎてもよさそうなものの、なんだかそのカメラマンさんが気になって動けない^^;
幸いにも(?!)夫は新丸ビルに入っている飲食店のパネルに釘付け中(笑)

よって、しばらくカメラマンさんの仕事ぶりを(柱の陰から)コッソリ見学してみることに。


すると遠くから 地味な紺色のベンチコートに素足にサンダル姿のオネーサンがやってきました


この寒い中を素足で?!
しかもサンダル!?
(若い女性が履くお洒落なサンダルではなく、オッサンサンダルっぽいやつ)

どこかに靴を忘れてきたのだろうか?
(真面目にそう思った)

ベンチコートなんて、(スポーツ選手ならともかく)東京の若い女性でも着るのだろうか??
(地味~な紺色で、都会の若い女性が着るものには見えなかった)



・・・と思ったら、横断歩道の手前に立ったその女性の周りに数人の若者が集まり、突然サンダルからハイヒールに履き替えたではありませんか!!!

モデルさん130123

これはもしや・・・


ファッション雑誌の撮影ではないかい??



ドキドキしながら様子を伺っていると ビンゴ♪

信号が青になった途端、着ていたベンチコートを脱ぎ、春らしい装いの女性は横断歩道の真ん中まで出て行きカメラに向かって軽快に歩いてきます。

横断歩道130124

ただ立っているだけでも美しかったのですが、ハイヒールで颯爽と歩くその姿はもっとステキ♪
当たり前ですが、スタイルだって抜群だし・・


なんだか凄いシーンに出くわしちゃった~~
田舎では絶対に見れない光景

なんだか得した気分でした♪



3週間ぶり - 2013.01.23 Wed

今日は風も穏やかで朝から青空が広がり、日中も太陽の日差しを感じられ・・・
とても気持ちのよい日でした


こんなに気持ちよい日は いつ以来かしら??


地元のニュースによれば 「日中、5時間以上太陽が出ていたのは 約3週間ぶり」 ・・と。



3週間ぶりの晴れ♪
3週間ぶりの 光合成 日光浴♪


こんな日は紫外線が強いのは重々承知
それでも、やはり走らずにはいられません


湿気のある雪が降ると、こんな風にモコモコした雪が木の枝につきます

コットンツリーみたい130123

まるでコットンツリーのように見えます

サラサラした粉雪も、フワフワした天使の羽のような綿雪も好きですが、湿気を含んだ このモッコモコな雪も嫌いじゃありません
(雪かきをする上では重労働になりますが・・・)



赤い実の上に積もった雪はまるで帽子のよう^^;

雪の帽子?130123

青空に白い雪に、赤い実・・
映えますね~

嬉しくなって雪の斜面の上をよじ登って撮影。
太陽の光をどう取り入れたら綺麗に撮れるかな???

あーでもない、こーでもない・・・と頑張っていたら・・




斜面落下(苦笑)

地滑り130123

一面真っ白で綺麗な雪景色だったのに、破壊しちゃってスミマセン(涙)。




そして、シーズン中 一度はやる 「背面ダイビング@雪上」♪

ダイブ130123

倒れていく瞬間、少々怖さはありますが ひっくり返ってしまえば気分爽快
目の前に広がる青空が気持ちいい~~~!!!!


でも、他人様にこの光景を見られるのはちょいと恥ずかしい^^;

マーキング(爆)をした後は、早々に退散です



「春が来るのを待ちわびる」だけではなく、「春が来るまでを楽しむ」事も・・・大事ですよね。


東京駅 - 2013.01.23 Wed

夜行バスから降りた時は まだ朝焼けが綺麗な時間帯でした


大都会とはいえ、早朝の週末。
交通量もそんなに多くないようで車通りもまばら・・・

特段、どこか観光する予定も立てておりませんが、お天気もよかったので 「東京駅の駅舎を見てみたい・・・」とリクエスト。
(実は、東京駅の赤レンガ駅舎を見たことがないのです・・・^^;)

ところが 山手線で東京駅に着いたのはいいものの、そこから地上に上がれずしばし駅内にて右往左往(笑)
駅員さんに「中央口」への出方を教えてもらったものに、結果的には「北口」に出てしまう・・・というアホさ^^;


とりあえず、赤レンガ駅舎を見ることが出来ました!

早朝の東京駅120123

早朝だっただけに人もまばら・・・



ちょうど朝陽が昇ってくる直前だったようで、駅舎の屋根から昇る朝日を撮影しよう・・とスタンバイしている方が何名もいました

駅舎130123



駅舎を見た後は・・・ どうする??

お店もまだオープンする前でしたし・・・
結局歩いていける範疇・・って事で皇居まで早朝散歩する事に(苦笑)。


こんな事なら走る格好してくればよかったな~~
一度は「皇居Run」やってみたいじゃないですか!!!!


週末なだけに沢山のランナーさんが早朝ジョギングをされていました
皆さん、気持ち良さそう・・
お天気もいいし太陽の日差しを感じながら走れるのは気持ちいいだろうな~
女性の方は、どちら様もお洒落でカラフルなウェア。
冬だというのにランスカで走っている女性も多かったです

あ、私も一応「ランスカ」持ってますけどね^^;
レースの時に穿く事はあっても普段のジョギングで穿くことは皆無!!!

田舎で40過ぎたオバサンがランスカ姿で走ったらビックリされるわ、きっと・・・(笑)



ランナーの皆様の邪魔にならないよう、皇居周辺を散策。
外苑から見るビル街・・
なんだか異次元に来たような気分です

外苑より130123

こんな大きなビルが立ち並ぶなんて、外国みたい・・・

夫は大爆笑しておりましたが、普段田んぼしか見てない私からすれば 目が回るような風景です(苦笑)



そして、雲ひとつ無い青空の下、太陽の光が反射して白さが際立っていた芝生に薄っすらと積もった雪。
この光景がとても新鮮に思えました

外苑130123

青空、太陽、雪・・・ 
そして遠くに見える高層ビル


ただただ、感激~~~!!!!


前回は雨に降られた東京遠征だっただけに、この青空と太陽の光がとても気持ちよかったです



皇居敷地内では宮内庁だけがチラッと見えました

そして、これが「二重橋」ね♪

皇居130123

そういえば、こうやって皇居に来るのも初めてです
出来る事なら外周をグルッと見て歩きたいところですが 5km走るのは苦じゃないけれど 5km歩くのは結構キツい(苦笑)
よって近場をサラリと歩いて終了・・


あぁ、やっぱりランウェアで来るべきだった・・


東京駅目の前にあった 丸ビルと新丸ビル

丸の内130123

東京駅北口から見たのですが 両方とも高層過ぎて 見ているだけでひっくり返りそう~~!!!!

当たり前だけど・・・ やっぱり凄いわ、東京って!!!!

高層ビルの多さに 改めてそう感じました


・・・にしても、日中に来たとしたら、きっと人の多さに ビルを見上げる余裕すらなかったかもしれません
朝早いうちに来ておいてよかったです


富士山 - 2013.01.22 Tue

天気予報では 連日「雪」マーク

今日も雪
明日も雪

曇り→雪→雪→曇り・・・


それが雪国の冬の 「当たり前」

雪国130122


・・・なだけに、雪国脱出の 遠征レースは(ハードながらも)嬉しい♪



ところが、今回は 嫌な予感的中ーーーー☆

高速道路で「雪のため通行止め」 箇所あり
しかも 福島県内で・・・


先日の(首都圏積雪時)大雪の際には 東京へのバス移動には16時間かかった・・・という話を聞いたばかりです
私達もそれを覚悟しなければいけないのかしら??

でも道路事情は刻々と変わるハズ

逆に何時間かかって東京に着くか、楽しみにしてやろうじゃないの

こうなったら、無理やりにでもバス乗車時間を楽しんでやる~~~!!!!



ちなみに、福島県内のSAでこんな感じの積雪

午前2時 130122

午前2時ですがバスから降りてストレッチングタイム。
寒い中ではありますが、下肢がダルくならないように & 腰痛悪化しない為にもトイレ休憩のたびにバスから降ります

よって、寝た気がしません(涙)


幸い、積雪による通行止めは解除になっていたものの、その先栃木県内で事故による通行止め
結果的には一般道に下りるハメに。

夜行バスなだけに、カーテンは二重。
運転席の後ろにも遮光カーテン!?
外が全く見えないだけに まるで競走馬気分^^;

一体どこを走っているんだろう???

そーーーっとカーテンをめくってみるものの、夜なだけに全く景色は見えず。

そのうち再びウトウトと眠ってしまう


気が付けば 予定時間を若干オーバーしたものの、無事に東京着。
雪国から青空広がる大都会へ~~




さて、今回は海沿いを走ってきました

幕張より130122

遠くには富士山も見えました
(写真では判り辛いかもしれませんが、肉眼ではハッキリとその姿が見えたのです)


日本の山、富士山・・・
まさかこうやって見ることが出来るなんて・・


感動です!!!

強行スケジュールではありますが、やっぱり行ってよかった~~~!!



今回の「おでかけ日記」も 明日以降ボチボチupしていきますので、お付き合いいただけたら幸いです

降る、降る、降る - 2013.01.18 Fri

久しぶりにやってきた公園
夏場は随分と利用しましたが、今となっては雪に埋もれ、立ち入る事も出来ません


秋口からメンテナンスが入っていた遊具は「お色直し」も完了した模様

公園130117

雪に埋もれた公園の中でひときわ鮮やかに見えます


春になったら、またちびっ子達で賑わうんだろうな



春になったら・・・



春・・・




春が待ち遠しい^^;

冬将軍の猛威に耐えるのもあと1ヵ月半ほど・・・と判っているものの、やはり現実は厳しいです(涙)

積雪130117

もぉ~、どれだけ降ったら気が済むんでしょう^^;


停滞する雪雲にウンザリしつつも、ここで根負けするわけにはいきません
雪国女子たるもの、コツコツと雪の片付けを頑張るしかないのです


外に出れば肉体労働(笑)
そして平行して頑張る作業が、コチラ↓↓↓↓

路線図130117

それにしても、東京近郊の路線図って複雑で細かいわ・・・
一つの駅を探すのにしても時間がかかります^^;

次の遠征は千葉県。
なんとか大体の調べ物は完了しました


前回の教訓を生かし、今度こそトラブルなく戻って来れますように・・・(苦笑)
そして荷物は極力少なめに~~

さて、荷造りしなきゃ。


即決力 - 2013.01.18 Fri

 トラックバックテーマ 第1588回「買い物するとき即決できる?」 




慎重派の(?)A型のせいでしょうか・・・
何かひとつ欲しいものがあったとしても、それを購入するまでにはえらく時間がかかります。

それが必要だったとしても、「本当に必要だろうか?」「なくても大丈夫なんじゃなかろうか?」「代替できるものがあるのでは??」 ・・などと面倒臭い事ばかり考えてはなかなかお財布の紐が緩みません


貧乏性だな・・・と自分でも思うのですが、なかなかスパッと買い物が出来ない性格です
それが夫の分だと迷う事なく「買いましょう」となるのですが・・・

自分の事は後回し・・
これはどこの家庭でもありえる 主婦(母親?)ならでは・・・のクセなのか??・・などと、思ったりして。


現在、夫から買うように言われていながらなかなか買わずにいるのが (私の車専用の)雪かきブラシ。
いつも夫のものを借りているので 自分専用のものがなくてもいいや・・・と(苦笑)

普通は「1台に1本」用意するべきものなので、いい加減買わなくては・・・と思ってますが、果たしていつ購入するやら^^;


対する夫は(買い物をする際の)決断力が早いです
決して衝動買いや無駄な買い物じゃないのですが・・・
よく価格検討してから買ってはいるようですが、「買う」と決めたら早い
ビックリするほどの即決力です


先日、東京でなくしてしまったレース用のシューズ
そして、シューズバッグに一緒に入れていたサングラス

どちらも安価なものではないのですが、初売りで買ってあげようかな・・・とひそかに思っていた妻

ところが、それより早く 夫はネットで検索をし、あっという間にポチっと(笑)

アディゼロRK0117

シューズは必要なものですから即決していいと思います
でも、サングラスはこの時期絶対に必要なもの?

真夏の強い日差しであれば、サングラスは必須アイテムかもしれません
でも、この時期ならノーサングラスでも走れるのでは???

そんな風に考えてしまうのが私(苦笑)


夫の場合は、値段で納得したら即ポチっと♪

オークリー10117

うはっ・・・
これってお高級なサングラスなのでは???
日本を代表するマラソン選手もこういうのを使ってるわよね?

これをつけたら 私でもビシーーーッとアスリート風になるかしら???


夫の不在時にコッソリつけてみました


結果、似合わなかった(爆)
トンボみたいでした


夫は 私がプレゼントした なくしたサングラスよりも かなり気に入っている様子
そりゃ~よぅございました

レースでもモチベアップで頑張ってください
そして、後はなくさないように!!!(  ココ大事!)


そんな事より、車の雪かきブラシを買ってこなくちゃ・・
現在、モッサモサと雪が降り続いております

「冬の和食膳」 @湯瀬ホテル - 2013.01.17 Thu

お風呂自慢なのは 露天風呂を体験して納得~!!
あんなに感動した露天はかなり久しぶり・・・


でも、お料理もなかなかGoodでしたよ~!!!


基本、食いしん坊ですから、好きなものを好きなだけ・・・の「ビュッフェスタイル」も大好き
でも、お夕食は お膳 で楽しみたいタイプなのです
(夫はビュッフェのほうがいいようですが、ここは私の主張を通します^^;)



食事は 和風ダイニングで・・

お夕食1227 1

用意されていたお料理があまりにも品数多くてビックリしました

食前酒はマルメロ酒。
前菜は5種
トンブリのお豆腐が美味しかった~
お造りは3点盛り
鍋は桃豚(ももぶた)のしゃぶしゃぶ

想像していた以上に柔らかくて食べやすい豚肉でした
炊き込みご飯はちょっと味が薄めだったかな~

焼き物は「ぶり」だったのですが、これが絶品でした
普通の照り焼きはどこでもありがちな1品ですが、ここのぶりは少し燻してある?
とっても味がよかったです

お夕食1227 2



お飲み物は・・・ 
いつもなら「とりあえずビールで・・・」といくところですが、今回は最初から冷酒で^^;

とりあえず冷酒1227

秋田は美味しい日本酒が色々あると思うのですが、なかなか旅館では扱ってないようで・・
ベーシックに「高清水」を。



和牛のステーキも美味しかった!

牛肉1227

これくらいのサイズでよいのです
小さいカットでもいいから、柔らかくて質のいい牛肉がいい♪
肉質が硬かったりパサつきが気になるものは残してしまいますが、これは美味しく頂けました



最後に出てきた「きりたんぽのお汁」

きりたんぽ1227

大好きなんです、きりたんぽ。
甘味噌をつけて焼いて食べるのもいいけれど、やっぱり鍋で食べるのがいいのよね

ちなみに、このお椀の中で存在感をバッチリとだしているきりたんぽは夫から貰ったもの
(夫はきりたんぽが苦手・・・^^;)


最後にフルーツが出ました
他、コーヒーやジュース、お茶などがフリードリンクとして飲めるようになってます
食事処でもフリードリンクとはサービスがいいですね




お夕飯をお腹いっぱい食べたのに、翌朝にはしっかりお腹が空いている(苦笑)

しかも早朝からお風呂に入ったりしたものですから、朝食時にはもうお腹ペコペコ・・・^^;
朝食は 嬉しいx2、バイキング。

庭園を眺められる席を確保し、品数豊富なおかずを少量ずつ(ほぼ全種類!?)選びました

朝食その11228

煮物などは甘みを抑えたバランスのいい味付け
そしてご飯は「あきたこまち」

そりゃ~もう、モリモリ食べちゃうでしょう^^;
大盛りで1膳
まだおかずが残っていたので 遠慮げに2膳目


焼きたての目玉焼きを見つけてしまったのでもう1膳・・・^^;

朝食その2 1228

結果的には3膳ね。
普段の朝食なら 100~120g程度のご飯で済ませているのに、こういうときは別腹になっちゃうみたいで・・・(苦笑)


お腹いっぱい食べて大満足の朝食となりました
デザートのグレープフルーツは苦かったけど、みかんは甘くてジューシーで美味しかったわ~


ご馳走様でした♪
これだけのお料理を出すんだもの、「お風呂自慢」だけではなく、「お料理自慢」にしてもいいくらいのお宿だわ

しかも、これで(10,000円/1人)です
絶対お得~~!!!



大満足の1泊2日
そして、存分に骨休めが出来ました



帰りは久しぶり~な太陽の光を感じながら峠超え

雪道121228

心身共にリフレッシュできた事もあり、その足で室内練習場へと向かったのでした


なんだかんだ・・・と言っても結局は「走る」事がセットになっちゃった旅行

念のため・・・と、走る用意をしてきてよかった~~^^;


雪見風呂 - 2013.01.16 Wed

「お風呂自慢の宿」として人気がある・・・という「湯瀬ホテル」

HPでも【美人の湯】と書いてあります


さて、どんなお湯なんでしょう♪
とっても楽しみ・・


4時過ぎにチェックインし、まずはお風呂へ・・・^^;


更衣室に入るとすぐの壁には 温泉協会のパネルが掲示されていました

天然温泉121227

今まであまり気にしなかったのですが、このパネルには泉質やお湯の循環方式、加水などについての適正度が記されています
これを見る限りは、なかなか質のいい温泉のようです。


内湯もかなり広めで開放的
サウナも広々として利用し易い感じがします

でも、私の目的は露天風呂~


内湯はあとでゆっくり入るとして、まずは露天に行かなくちゃ!


・・・で、露天風呂に通じる扉を開けて目に入ってきたのが こちら。

露天風呂121227

見事な雪見風呂~!!!



ちょっと吹雪いていましたが、それでもこの雪景色を味わいたい

渓流121227

若干薄暗いものの、渓流沿いの雪景色は最高です

お湯はちょっと熱め
でも外気温がかなり低いので 身体が冷えたらすぐに湯船にチャポン・・・
身体が火照ってきたら風にあたって身体を冷まして・・

これの繰り返し^^;



ちなみに、夜になればもっと情緒あふれる雰囲気に・・・

雪見風呂121227

雪の白さが映えます~

風が強く吹いていた為、時々雪がチラつきつつも 雲が流れていけば月が見えたりして。
1人でゆったりのんびり・・と入る雪見風呂
極上でございます




翌朝もいそいそと朝風呂へ・・・・

本館121227

前日には気づきませんでしたが、本館も見えるんですね


それにしても、昨夜の吹雪が嘘のよう
まだ朝陽が上る前でしたが、青空になりそうな予感




そして朝食後にもサクッと・・(笑)
何回入るんだ!?

早朝121227

かなり欲張りになってます
時間の許す限り、何度でも入りたい^^;

もちろん、長湯をして筋肉が緩んでしまってはいけないので、熱めのお湯にサッと入って温まるだけにしておきましたが・・・



なにげなく下を見下ろしてみたら、男性用の露天風呂がありました

階下121227

誰もいなくてよかった・・・(笑)






さて、肝心のお湯質ですが・・・
泉質的にはあまり特徴がなかったように思います
お湯はヌルッとしているようで、浴室を歩く際には若干滑る感じがします
でも、入ってみて肌にまとわり付くようなトロッとした感触はありませんでした
ph値は高めなので、間違いなく高アルカリで柔らかいお湯なハズなのですが・・・


まぁ、こればかりは個人差がありますから一概には言えませんね


とにかく、この露天風呂には癒されました。
さすがお風呂自慢のお宿なだけあります
「美肌効果」があるかどうか・・・は別として、また訪れたい温泉宿です
(お料理もなかなかよかったし~!!)



骨休め - 2013.01.15 Tue

年末年始はゆっくりと・・・・

いいですね~~!!


でも、主婦の場合は 意外と年末年始のほうがバタバタとして忙しい!?
特に年末は 年越しやらお正月やらの支度で台所に軟禁状態
お正月も、結局はほぼ日常と変わらない家事量。



なので、年越しの支度に入る前に 一足お先に「主婦の骨休め」をさせてもらいました♪




一面雪景色・・・

モノトーン0114

モノトーンの世界を車窓から眺めること数時間
(運転していた夫は疲れたことでしょう)



やってきたのは 湯瀬温泉にある 「湯瀬ホテル」

湯瀬0114

高層の建物だけに、ひときわ目立ちます



チェックインを済ませた後はラウンジでウェルカムドリンクを・・

ラウンジ0114




こちら、フリードリンク制でした

フリードリンク0114

ウェルカムドリンクでフリードリンクって初めてかも・・・^^;



それだけでも嬉しいのに、目の前の景色にこれまた感激~~!!

庭0114

これぞ雪国!!・・・って感じ?
こんなステキな雪景色を見れるだけで癒されます
(日常的に雪を見ているくせに・・・ね^^;)


我が家の場合・・・
旅行などに行く際の行き先は勿論、宿泊先などは夫が決めるケースが多いのですが、今回は私が選んだホテル
しかも、予約を入れたのは前日の夜でした


散々悩んでネットで調べて、やっぱりここにしてよかった~~!!!!
目の前に広がる自然庭園の雪景色を見ただけで、もう大満足でした




お部屋は 新館「瑞祥館」の10畳間

10畳間0114

広すぎてもったいないようなお部屋です
(レース遠征時は狭くて小さいお部屋ばかりなので、この10畳がとても贅沢な空間に感じます)




広々とした綺麗なお部屋

そして障子を開けると 庭園を見下ろす事が出来ました

雪景色0114

これまた感激~~!!
ちょうど日が暮れてきた時間でしたので、雪景色が墨絵のように見えました



見るもの全てに癒されます。
そして、非日常の空間に大満足。


(旅先で)走る事を全く予定に入れずに ただただのんびり出来る時間がとても貴重でありがたかったです


よ~~しっ、ここで思いっきり骨休めするぞ~~~!!!!

(次回は温泉のレポートです♪)


パワーとなるのは牛肉だ - 2013.01.14 Mon

いまさらですが・・・


年の瀬に 「登起波」(ときわ) から「牛さん」がやってきました(笑) 

登起波0113

そりゃ~、びっくりたまげたわよ!!!


誰ですか!?
こんなお高級なお肉を取り寄せたのは!!(笑)



中を開けてみたら、竹の皮(?)に包まれたお肉。

ポン酢入り0113

そして、ポン酢も入ってました




夫が自ら食べたくてお取り寄せした 米沢牛。

米牛0113

美しい霜降り具合にテンション上がります^^;



米沢牛は、サシの入り具合がいいらしく、(ステーキや焼肉など)焼いて食べるより「すき焼き」や「しゃぶしゃぶ」が美味しいんだとか・・


説明書に書いてあった通り、昆布ダシの中に まずはお肉を1枚投入・・

しゃぶしゃぶ0113

そして、しゃぶ~、しゃぶ~・・・



後、ポン酢で頂きます♪

ポン酢で・・0113

申し分のない美味しさでございます
お口の中でお肉がとろけます


日常的に 鶏肉と豚肉をこよなく愛する主婦には衝撃的な美味しさでした
あまりの美味しさにお肉ばかりを食べちゃいそう

意識的に 野菜、野菜、野菜・・からのお肉
で、また野菜(笑)
お肉よりお野菜多めに食べておりました



そして、美味しいしゃぶしゃぶのお供には美味しいビール。

ビール0113

エビスビールの「琥珀」で 贅沢のダブル攻撃~!!



お野菜をタップリ食べたせいか、意外と(しゃぶしゃぶの割りには)お腹いっぱい。

・・・と思ったら、夫が取り寄せたお肉は900g!!!!
しかも、結果的には私のほうが多く食べていたという事実


多分にして500gは胃袋に入れちゃった???(滝汗)


いやはや・・
美味しかったです


もちろん、翌日のRunは積極的に頑張れました!



気持ち新たに「献立ノート」 - 2013.01.13 Sun

5年ほど前、しばらく続けていた レコーディングダイエット
当時記録を残していたノートは約3冊

3度の食事(献立)、使った食材、おおよそのカロリー、そして(かなり凝っていたようで)不足していると思われる栄養素なども書かれていました^^;
そして、本当は書きたくなかった間食の数々も・・・(笑)

ノート0111

それに加えて、その日運動した内容(ウォーキングやジムでのトレーニング内容、ランニングの距離数など・・)も・・・。


当時は随分マメだったのね・・・^^;
でも、これを続けていった事で、増量しまくっていた体重は半年ほどで戻ったんだっけ~~ と思い出す。

その後、走る事に夢中になりすぎて、レコーディングする気持ちなぞ著しく減退(苦笑)
そして現在に至る


でも、ノートを見返してみて思いました
あの当時作っていた「おかず」、最近作ってないな・・・と。

こんなモノを作っていたんだ ・・・とか
そういえば、コレ美味しかったよな~ ・・・とか


当時住んでいた土地で放送していた地方番組の「お料理コーナー」が大好きで、それを見てはお夕飯の時にチョイチョイ新作おかずを作っていた


あれから5年・・・
今では定番メニューばかり
夫の嗜好に合わせた地味なものばかり
それはそれでいいのかもしれないけれど、似た様なおかずのヘビーローテーション化。 
このままでいいのだろうか??


多分、よくないと思う



私が夫の立場だったら 「たまには違うおかずも・・・」 と言うかもしれません(苦笑)


とりあえず、新しくノートを1冊買ってきました
今度は「レコーディング」ではなく、シンプルに「献立ノート」にしてみようかな・・・と。
もちろん、使った食材なども記載しておきますが、あくまでも「献立」の記録がメイン。

どれだけ同じようなおかずが多いか、書き記すことで見えてくるでしょう
逆に、そうならないよう気をつけていけるかもしれませんし・・・


問題は、「いつまで続くか」・・・だわ^^;


若い頃はレシピノートなんていうのも作っていたし、お菓子やパンも積極的に作っていたというのに。
結婚後はそんな意欲も衰退しだし、段々手抜きばかり覚えて困ったものです(滝汗)


2013年は、少し気持ちを入れ替えて頑張ります(多分・・・^^;)


今年も変わらぬ「目標」で・・ - 2013.01.12 Sat

トラックバックテーマ 第1584回「今年の目標は何?」




今年の(走る上での)目標は??
夫に聞かれると、なんとなく言葉を濁してしまう自分がいます


いつか、そのうち、もし出来たら・・・という 淡~い目標・・というか、イメージするものはあります
でも、それを「今年の目標は・・・」と言葉にして言い切るだけの自信も意思の強さも、ないのです

「まだそんなレベルじゃないし・・・」とか、「そんな簡単に達成出来るものじゃないし・・・」とか、逃げ腰になっているのかもしれません


自分の目標をキッチリ言葉に出来る夫が羨ましい


「言霊」とも違うかもしれませんが、(目標を)言葉にする事で、いい方向に向かっていく事もあるのかもしれません

でも、それが出来ない・・・
いや、「言っても、もし出来なかったら・・・」というのが本音かな?


走る事は、とにかく(内に秘めた思いを胸に・・・^^;)コツコツ地道に・・でも、気持ちブレずに続けるのみです。
基本は楽しく、時々頑張って・・。


それとは別に、キッチリと描いている目標がもう1つあります。
これは、もう「今年の目標」というより、「今年も目標」。
毎年継続し、キープし続けている事。

① 体重は20代の頃と変わらないように・・
② 胴囲は計測を始めた年(40歳)以上にはならないように・・



40歳を過ぎてから、何かと厳しい「健康診断」
問診の内容もちょっとディープですよね

体重は昨年から3kg以上増えてませんか? とか
20代の頃から10kg以上増えていませんか? とか
胴囲も85cm以内に・・・と 毎年メジャーで測られます

自分の身体の「通信簿」にもなるような健康診断
段々と衰えていく体力、筋力、重力に逆らえずに垂れてくるお肉

重々判ってはいるものの、なんとか現状維持を続けていきたい
さて、何歳までこれを頑張っていけるでしょう??

とりあえず、今年も上記二つの目標は達成出来るよう日々頑張ります


昨年は、腹筋を頑張っていたせいか 胴囲が計測史上(!?)最小値!
ミラクルな数字に小躍りしたものです
今年もそれを維持できる??

う~~ん・・
ちょっと厳しいとは思うけれど、狙ってみようかな^^;


もちろん、腹筋100回/1日 は必須!?(去年はこれを実践)
現在は腰痛で唸っている状態なだけに、とてもじゃないけど腹筋自体を やる気 にもなれませんが・・・(苦笑)


まずはこの腰痛を治さなければ・・^^;





道つけ - 2013.01.11 Fri

毎年この時期になると、「降る」「寒い」「吹雪く」の3拍子が当たり前になっちゃって、自分の中で、(積雪量や気温の低さなど・・)「前年対比」が出来ません(笑)
でも、今年は寒波が厳しいだけではなく、積雪量も例年より多いのかしら??



気になっていた雪庇、ボチボチ落ちるかな??

雪庇01

雪庇の成長 ↑↑↑↑ だけは去年より早く見事な出来栄えです^^;


これで気温が高くなったら、一発でドサッと落下ですな~
いや、強風が吹き荒れても落下しちゃうかな??

近日中には落ちるだろう・・・と予測していたら、想定外に 昨夜(深夜?)のうちに落下したようです



落下の予測はしていたクセに 朝、外に出てみてギョッとしました

重労働0111

ちなみに、物置の扉についている雪は落下した勢いで飛び散った雪の塊が付着したもの^^;


一晩で降り積もった雪であれば、夫が出勤前に片付けてくれます
でも、これは無理・・・
第一、重たすぎてそう簡単には片付けられません


夫を送り出した後、すぐに作業体制に入ったワタクシ。
夫の長靴を拝借し、エッチラオッチラ・・と雪の中を漕いで歩いて雪片付けに勤しみます


今シーズン初の雪庇除去大作戦!
一年ぶりなだけに、腰が痛くなってきた~~~(涙)
段々作業効率も悪くなってきました
でも、片付くまでは頑張ります
黙々と(非力ながらも)作業を続ければ、必ず綺麗に片付ける事が出来るから


そりゃ~もう、必死です
重労働ですし、決して楽な作業じゃありません


でも、嫌いでもないのよね、こういう作業(笑)


1時間程度でなんとか雪を片付けることができ、無事に道がつきました

担当0111

我ながら上手にできたもんだ♪ (  自我自賛・・・^^;)


そういえば、結婚するまで、私は雪が降ったら 「雪かきをする」 と言っていました
ところが地域によっては 「雪捨て」「雪ハネ」「雪投げ」・・と様々なんですね
そして、義両親は 「道つけ」 と言っていました


結婚当初は 「「道つけ」って何???」 と思ったものです
思えば豪雪地帯だっただけに、雪が降れば玄関から出て歩く事すらままならない状態
よって、(歩けるように)「道を作る」・・という事で「道つけ」という表現をしていたようです

なかなか面白い表現です

今ではすっかり「道つけ」という言葉にも馴染みました
こうやって物置まで歩けるように雪を片付けるのも 「道つけ」 ですもんね^^;


ちなみに、雪庇が落下するたびに大量の雪を片付けなければいけません
でも、そんな大量の雪を捨てる場所がアパート敷地内にあるわけもなく・・・

よって、裏の空き地まで運べるように、空き地へ続く「道つけ」も始めました

道つけ0111

ま、この「道」も一晩の雪で埋もれる可能性もあるんですけどね。

その時は、ここの雪かきも頑張ります^^;


今日は走る時間も余力もありません・・

明日は走りたいな~
走れるかな??

腰の痛みだけが心配です
今夜は湿布を貼って寝ることにします

再始動 - 2013.01.10 Thu

年末年始の休み期間中、何が嬉しかったか・・って、気楽に朝Runが出来た事。


夫の朝食やお弁当作り・・・等々、バタバタと時間に追われてやる必要性がないだけに、空が明るくなってくるまで走る事が出来ました。

朝Run0110

冬場はどうしても日の出が遅い為、普段の朝Runでは 走り終わる頃でもまだ空は薄暗いです
ですが、この2週間ほどの間は空が明るくなっていくのを感じながら、ユッタリとした気分で走れたのです
例え朝陽が見えなくても、多少吹雪いていても、夜が明けるのを感じながら走るのは清々しい

5時半頃から走り出し、1時間から1時間半。
天候が穏やかであれば2時間弱、じっくりと走る時間を設ける事が出来ました



ちなみに、夫のタイムスケジュールは「完全休日モード」
よって、夫の起床後は食事の支度やら家事諸々でバタバタしっぱなし
それに加えて、年末にはお節料理を作る真似事もしていた為、ほぼ台所に軟禁状態
立ちっぱなしで一日が終る・・・みたいな^^;

当然、日中はジックリ走る時間を確保するのは難しかったです
早起きは三文の徳!?
朝に走れて気分爽快♪

ついでに(前日食べすぎ&飲みすぎだった分の)多少でもカロリー消費が出来ていれば・・・と思うと 朝Run万歳~!! でございます^^;


・・・とはいえ、この休暇中はどうしても暴飲暴食傾向だったのは事実です
どんなに走ろうとも、どんなに雪かきしようとも、摂取カロリーと消費カロリーがイーブンになるワケがありません(>_<)
補強もサボりっぱなし、ヨガも全くやらずしまい~~!!!

夫は やっと 今日が仕事初め。
私も今日から通常のスタイルに戻ります

まずは、ヨガで体を苛めてこようかな。
柔軟性が乏しくなっているのは確実なので、果たしてどうなることやら・・・(涙)


ホカホカ駅弁で元気復活! - 2013.01.10 Thu

まさかまさか・・の展開から一夜明け、クリスマスイブの朝。

目覚めてみたら ビックリするほどいいお天気でした。
気持ちはまだ沈みがちでしたが、この青空を見ていたら ちょっとだけ元気になれそうな気がします

とにかく荷物をまとめてチェックアウトをしよう

もう(空席がないだけに)バスでは帰れない
仕方がないから新幹線で帰らなきゃ・・・


駅の窓口ですぐに新幹線の空席状況を確認し、一番早い列車の座席を確保しました。

気持ちが凹むのをなんとか抑え、普段通りにしていたいんだけど やっぱり無理だな~
それでも、ギクシャクしたままなのは良くない気がして私のほうから謝りました

「昨日はごめんね」 ・・・と。

なんか腑に落ちない部分はあるけれど、この際、そんなのどうでもいいや^^;


一晩経った事と、私から謝った事で夫はかなり平常心に戻ったようです
戻れないのは私だけ

大人気ないな~~と内心思うけれど、やはり「バスに乗れなかった事」と「無駄に1泊してしまった事」と「シューズバッグがなくなった事」はトリプルパンチ過ぎて、気持ちのモヤモヤが消化しきれませんでした。



一度は乗ってみたい・・と思っていた「はやぶさ」に乗れるというのに、気持ち的にはローテンション。

はやぶさ00108

いや・・・
写真を撮っているあたりは 少しだけテンション復活!?(笑)



ところが、列車がホームに入ってきたというのに 夫は喫煙ブースから戻ってきません(涙)
仕方がないので、二人分の大荷物を背負って&両手に抱えて&担いで・・乗り込みます

はやぶさ2 0108

なんで私1人でこんな大荷物持たなきゃないんだよーーーー(涙)


踏んだり蹴ったり・・・


ま、無事に列車に乗り込めただけで一安心です

高速バスより数段快適~
座席幅は広いし、前後の余裕もある
荷物も荷物棚に全部置けたし、ゆったりのんびり~~


ふふふ・・・
贅沢な気分を味わいながら帰るのも悪くないわね♪


快適シートに座っていたら、なんだか気持ちが盛り返してきました( 単純)



その後、夫が買ってくれた駅弁を食べて、さらに気持ちが復活^^;
(食べ物の力って凄いわ~~)

駅弁0108

仙台名物の牛タン弁当
当然ですが、入っている牛タンは超薄切り^^;
でもこのお弁当はご飯を温める事が出来るタイプのお弁当なので、数分でホカホカな牛タン弁当に早変わり。
これは凄いアイディア商品
やっぱり、ホカホカご飯は嬉しいですしね

ただ、温かいだけに牛タンの匂いも凄いです(笑)


海鮮ちらし寿司弁当も一口食べてみました
ごくごくフツーに「海鮮ちらし寿司」
美味しかったです
出来れば、しめ鯖をもうちょっと分厚く切ってくれたら・・・^^;


お腹イッパイになれば、あとはウトウトと・・・



さすがは新幹線。
ローカルな土地に戻ってくるのはあっという間でした^^;

ローカル0108

東京のあの人混みから一転、人がいない静かなホーム。



そして一面雪景色

雪原0108

お天気がいいね~
(吹雪いてない日は貴重です)

こんなにいいお天気なら、ちょっとだけ走ろうかな・・
あんなに凹んでいた気持ちはどこへやら
すっかり気持ちは復活していました^^;


もう同じトラブルはこりごりです(涙)
次回の遠征では、(色んな事態を想定しながら)もっと細心の注意を払って行動しようと思いました
もちろん、事前の下調べも入念に・・・ね^^;


想定外 - 2013.01.09 Wed

「打ち上げ」で打ちあがり、2次会でパヤパヤになり、楽しい宴は無事終了。
私は パヤパヤ星人達を引き連れて上野駅まで戻ります

そこからバスに乗る者、電車で帰る者、様々です

「楽しかったね~」
「またお互い頑張ろうね~」
「元気でね~」

クリスマスムード満載な上野駅のど真ん中で若干場違いな遠征組^^;


皆と別れ、ふ・・・と我に返った夫がこう言った


「シューズバッグがない!!!」



嘘でしょーーーーーーっ!!!!!!(滝汗)



まだバスの時間までには余裕がありましたので、夫はすぐに(思い当たる場所を)探しに行きました
私は大荷物での移動にヘトヘトだったので駅で待機。



ところが夫は戻ってきません

酔っていたし、迷子になったかな?
携帯に電話をしましたが「電波が届きません」と。



さぁ、大変です
バスの出発時間が迫ってきました


どうしよう・・
どうしたらいい??

電話が繋がらない事には連絡の取りようがありません
お互いにバスチケットは持っているものの、私1人でバスに乗り込むわけにも行かず。

ただただ駅で待つしかないのです



そうこうしているうちにバスの出発時間は過ぎてしまいました


どうしよう~~~(涙)


夫は戻ってこないし連絡もつかない
バスには乗れなかったし、こうなったら駅で一晩過ごす!?
この寒さの中で??
ダンボールとかに包まって寝る事になるのかしら??


トホホな気分です
完全に凹みまくり、脱力感でぐったり・・・



しばらくして夫は戻ってきましたが、肝心のシューズバッグの事など頭にはない様子
しかも少々オカンムリな感じが致します


バスに乗れなかった事への苛立ちでしょうか?
それともシューズバッグが見つからなかった事への苛立ちでしょうか?


さりげなく聞いてみたところ 私が(バス時間に間に合うように)バス停に来なかった事への苛立ち だったようです^^;


そ、そ、そ・・・
そういうのってアリなわけ~~???


夫はシューズバッグを探しに出たものの、肝心な時に携帯電話のバッテリーが切れてしまったようで・・。
これではお店などに電話をする事も出来ないわけで、急遽ヨド◎シで充電をしたそうです
その後、再びシューズバッグを探したものの見つからず・・・

結果的には(シューズバッグを探すのを)諦め、その足でバス停まで向い 私が来るのを待っていたそうな。
ところがいくら待っても私が来なかったので、結果的にはバスに乗れず

・・・という流れ(苦笑)。



で、私が悪いのでしょうか??????



バスの出発時間までにバス停に行かなかったのは事実です
夫がバス停で私を待っていたのも事実です


・・・ 、駅で待っていた私は間違っていたのか!?
シューズバッグをどこぞに忘れてきた事はどうなってるんだ!?




なんだか理不尽な感じもしないわけでもないし つじつまが合わない感じもしますが、そこで口論したところで何も始まりません
(酔った状態での口論ほど無駄なものはないですし・・)



とりあえず・・・

バスには乗れなかった という現実
シューズバッグは見つからなかった 探さなかった!? という現実
もう1泊する宿を探さなきゃいけない という現実
明日の高速バスも既に満席状態で予約できなかった という現実

ただそれだけの事。
とにかく夫が無事でよかった・・・

時計は既に22時を回っておりましたが、なんとか泊まれるホテルも見つける事が出来ました
クリスマスイブイブの夜なだけに、お値段はかなり高め設定ではありましたが^^;


最後の最後に、まさかまさかの想定外の展開
かなり疲れました(>_<)


とにかく寝よう

こんな疲れた日には、まずグッスリ寝るのが一番です
まずは寝て、明日になったらまた考えよう

きっと気持ちもリセットされているはず・・・






「ご馳走ビール」で打ちあがる - 2013.01.09 Wed

銭湯を後にした「遠征組」ご一行様、頼みますからはぐれずに歩いてくださいね~
お荷物は他の通行人にぶつからないよう気をつけて持つように~

地図片手にお店を目指す添乗員ふぶき。

それにしても、御徒町っちゅ~ところはビックリするほど人口密度が高いのね^^;
道路が狭いのに歩行者はめちゃくちゃ多い。
そして道路の両脇に並ぶ店舗数もハンパなく多い

人ごみをぬう様にして歩いてなんとか無事にお店に到着~!!

「日曜日の昼間から飲み放題をやっているお店」 で探して見つけた 「キリンシティ上野」


予約していた席に通され、座ればすぐさま 「とりあえずビール!」 (笑)

早く飲みたい、すぐにでも飲みたい、一気に飲みたい・・・
そんなテンションで入店した遠征組(笑)
風呂上りなだけに、それも致し方ない

でも、そんな思いとは裏腹に(!?)、なかなかビールがやってこないから困ったものです

まだか??
遅すぎる!
たかがビールなのに!?
飲み放題だからゆっくり持ってくるのか!?

飢えたランナー達の妄想は、ドンドン膨らんでいきます^^;



やがてやってきた 極上ビール♪

グラスビール0108

このモッコモコの泡の立ち方、お見事~~~!!!!
そしてテーブルに置く際、店員さんから温かい一言が・・・

「今日も一日お疲れ様でした♪」


このセリフを言うのはお店側の教育なのかもしれません
それでも嬉しい~~!!!

だって、今日は頑張ったもんね
ヘトヘトに疲れるまで頑張ったもんね


メンバー全員が自己ベスト更新ということもあり、ハイテンションで「かんぱ~い!!」

その後、少しずつ出されてくるお料理

キリン0108

最初のオードブル意外は全て大皿盛りでしたので、サーブする担当は一番若いものに任せました^^;
(年長者の特権!?)
もちろん、ビールも進みます

1人が「お代わり」を頼めば、俺も、私も・・・と、次々と続きます。

そのうち、ビールが届くのに時間が掛かりすぎるのを苦にした1人がワインをオーダー
こちらは (グラスではなく)ボトルでの提供でした

はい、ボトルでOKよ~

とりあえず白を1本空け、次にスパークリングを1本。
このスパークリングが美味しくてね~
「もう1本」とお願いしたら 在庫切れなんだとか・・・
本当かしら??
仕方がないので赤を1本。


結果的にはワイン(720ml)3本をあっという間に空けてしまった遠征組。
プラス、グラスビールも(それぞれが)4~5杯は飲んでるわね。


私達ランナー仲間の中では 「よく飲み、よく食べる」 のは当たり前(笑)
でも、お店側としてみれば、かなり迷惑な客だったのでは・・・!? という思いもあります^^;

ま、お店のサーバーを空にするほど飲んだわけではないので堪忍してくださいね(滝汗)


あっという間に時間は過ぎ、飲み放題は無事終了~!!!
ご馳走様でした~
美味しく頂きました~


そして、2次会へと向かう遠征組男子。
帰りのバスの事も気になるし、ここら辺で解散したほうが無難だと思うんだけど・・・
でも、「打ち上げ」で打ちあがった面々はもうどうにも止まりません~~(涙)


えーいっ!
なるようになれ~~!!!
酔った勢いって恐ろしいわ・・


有形文化財な銭湯 - 2013.01.09 Wed

レースを終えた後、私達夫婦はほぼ温泉に立ち寄って汗を流して帰ります
出来る事なら(アイシングを兼ねて)水風呂があるところ。
よって、これこそ事前リサーチ必須でございます。


今回も事前に色々調べましたが、そうそう水風呂がある銭湯などあるわけもなく。
結果的には「汗を流せればいいよね?」的感覚に。

一応、大会会場にある更衣スペースでサラッと着替えはするものの、やはり汗を流さないと気持ち悪いですもんね
(その後夜行バスでの移動を考えれば、これは絶対でしょう~^^;)


ところが、大会会場の更衣スペースでは、完全に私服に着替える女性がとても多かったです。
皆さん、お風呂などには立ち寄らずに帰るのかしら?

都会のレースってそんなものなのかな~???

確かに、お風呂グッズまで持参してレース会場に行くのは結構大変(特に女性は・・・ね)
特に都会では公共交通機関を使うケースが多いだけに難しい部分もあるのかもしれませんね~

その点、田舎はどこへ行くにも車で移動
いくら荷物が多くても問題なし。
なので、ついつい「温泉立ち寄り」がクセになってしまってます^^;


とりあえず、私達は今回も銭湯へと向かいました
会場周辺にもいくつか銭湯はあったのですが、多分にして激混みだろう・・・と予測
(レースに参加した方(数千人)の大半が銭湯に行くのを想定しました^^;)
よって、荒川周辺を避け、地下鉄で移動し上野まで戻る方向性で。
もちろん、打ち上げ会場にもほど近い場所

これはナイスアイディアかも~!!


ちなみに、その銭湯を見つけたのは夫。
よって、銭湯を(ネット上で)検索は出来たものの、行き方は判らず。
同行する子(これまた信州から参戦した子)も当然、判らず・・


下調べしておいてよかった~~~(涙)
ふぶき添乗員(笑)、大荷物背負って男性陣を誘導。


なんとか目的地に到着しました~~!!!! 
JR御徒町駅からほど近い 燕湯

燕湯0108

かなりレトロなこの看板は、見付け辛かった~
見知らぬ街のちょっと細道を入ったところにあった銭湯
とりあえず、到着してホッ・・。
でも、「打ち上げ」スタートまで時間があまりありません



「みんな!! 40分以内に出て来るんだよ!」
(なにげにアネゴ肌!?(笑))

燕湯入り口0108

そう言ってはみたものの、女性が40分で銭湯から出てくるのってかなりハード(涙)
とりあえず、急げ、急げ~~~!!!!


靴箱に靴を入れて入ると、そこはフロント形式ではなく 番台が・・!!!!


人生初の「番台」です~~~!!!
感激~~~!!!
こういうのに憧れてました


脱衣所もなんとなく風情があるわ~
脱衣所も、お風呂も、いい雰囲気
これぞ銭湯って感じ
お湯加減もちょうどよく、出来る事ならのんびり入っていた~い ・・けど、そんな時間もなくバタバタと着替えて外へ出る

男性陣もちょうど出てきたところです

みんな揃ったね?
それじゃ~打ち上げ会場に行きましょうか♪


・・・と歩こうとしたとき、こんな標識を見つけました

国民的財産0108

おぉ~!! ここ「燕湯」は、有形文化財にしていされている建造物なのね
なんだか凄くいい銭湯に来た気分になっちゃって、思わず写真を撮ってしまいました^^;


「先に行ってて~」

男性陣に声をかけてデジカメ取り出し、まずは1枚パシャリ・・・


・・・と思ったら、夫を先頭に男性陣は(打ち上げ会場とは)逆方向に歩いているじゃないですか!!!

ちょっと待ってーーー!
そっちじゃないから!
方向逆だから!!!


おちおち写真も撮っていられません
慌てて男性陣を呼び戻し、ふぶき添乗員、再び先導します(涙)

スカイツリーを眺めながら - 2013.01.08 Tue

レース当日の朝食は(前日に買っておいた)コンビニのおにぎり2個&ロールパン2個。
ストレッチを入念にし、身支度を整え、荷物をまとめたらチェックアウト。

会場までの移動は やはり私が先導・・・^^;
もちろん、最寄り駅にあるコインロッカーの数や場所などもリサーチ済み。
お陰で大荷物は全てロッカーに入れることができ、身軽な状態で会場まで歩く事が出来ました


東京=大都会→お洒落な街→お洒落な人が多い

テンションあがる反面、馴れないせいもあり緊張もします。
でも、最寄り駅からレース会場までの間は 前も後ろも(参加する)ランナーばかり。
皆さん、ジャージやウィンドブレーカーを着込み、リュックやドラムバッグを持っての移動。
そんな光景に、少々安堵感を覚えた自分がいます^^;


道路の要所、要所にはボランティアの方が立っていて、会場までの道を誘導してくれます
ありがたかったです


やがて見えてきた大きな川

荒川0108

これが荒川ですね??

ビックリするほど大きな川で、本当に驚きました



そして荒川を渡ったところにあった大会会場

会場0108

色とりどりのテントがたーーーっくさん!
これまたビックリ!
さすがは東京の大会だ~~!!



そして、遠くにはスカイツリーも見えました

スカイツリー0108

あいにくの曇り空でしたが、雨に降られないだけラッキーです。



さて、この大会は 震災復興支援大会

ステージ0108

震災当初はこういった「復興支援」を謳った大会も多かったのですが、最近ではどうなんでしょう・・

私がこの大会への参加を決めたキッカケの一つが、「復興支援大会」だった事です
エントリー代の一部が寄付金になっているほか、チャリティーグッズの販売などもありました
ウェストポーチとボトルポーチ、セットで100円。
この売り上げも寄付金になるんだとか・・・
もちろん、買いましたよ~~!!!


他、ステージではイベントなどもありましたし、ウォーミングアップにはエアロビクスを取り入れてました
楽しいです!

仮設トイレも沢山用意されており、女性用、男性用に区分けされているので利用し易かったです

コースは河川敷を走るのですが、これも景観がよくて気持ちよかったな~
荒川は風が強いらしいのですが、この日は幸いな事に微風。
よってとても走りやすく感じました

直線コースなだけに「飽きる」と感じる方も多いようですが、私は普段から河川敷や農道、田んぼ道を走っているだけに風景が変わらない直線道路には馴れています^^;
そのせいでしょうか・・・
逆に集中して走れましたし、なによりスカイツリーを眺めながら走れたのがとても新鮮!

コース上ではボランティアの学生達が元気に声援を送ってくれます
沢山の声援に背中を押され、2012年ラストレースは気持ちよく&積極的に走る事が出来ました
そして、まさかまさか・・・の自己ベスト更新!

ゴール後は感激の涙がポロポロ~~!!!
泣きながら飲んだホットレモネードがとても美味しかった^^;


運営スタッフの皆様、そしてボランティアの皆様にも感謝の気持ちでいっぱいです
また機会があったら、是非参加したい大会です


しっかり走りきることができ、大満足!!
これで心置きなく「打ち上げ」で飲めるぞ~~みたいな^^;




銭湯デビュー - 2013.01.07 Mon

東京に行ったら是非とも行きたかったところ=銭湯

温泉じゃない、スーパー銭湯じゃない、いわゆる公衆浴場
壁には富士山の絵なんかが書かれてあるのを想像。

実際にはどんな感じなんだろう??・・・と、期待してしまいます^^;



でも、いまどき銭湯なんてそうそうあるのかしら??
ネットで検索してみたところ、こんな便利なサイトがありました
「レッツエンジョイ東京」の 東京銭湯マップ

これは便利!!!
さっそくホテル界隈の銭湯を色々検索


検索していて思いました

それは・・・

① 「薬湯」が多い。
② コインランドリー併設が多い
③ 朝から営業しているところが少ない

それが「銭湯」というスタイル?


いやはや・・・色んな事に驚きです^^;



とりあえずは夕飯を食べましょう!
夫はお風呂に入った後に・・・と考えていたようですが、私は風呂上りのスッピン状態で都会の食事処に立ち寄る勇気はありません^^;

それに、風呂上りに焼肉屋さんって・・・ありえないでしょう~~(滝汗)


よって、銭湯に行く前にまずは腹ごなしを。
リーズナボーな焼肉屋さんですが、ここでスタミナつけますよ~
もちろん、アルコールは厳禁!

ノンアル1222




あとは遠慮なくお肉をジュージュー網焼きで・・・

焼肉1222




私はお肉よりレバー多めで・・(2皿♪)

レバー1222


以前は 焼肉=ビール がセットでしたが 今では「ノンアル」スタイルにもなれました^^;
その代わり、ご飯は大盛りで~



お腹イッパイになったところで、いざ、銭湯へ~~!!!

銭湯1222

1kmと歩かないで到着です

この雰囲気が、まさに銭湯!
券売機などはなく、現金で入湯料をお支払いするスタイルも初めてです^^;
浴槽は2種類あり、一つはいわゆる「薬湯」???


銭湯なだけに温泉のような効能はありませんが、なかなか風情があってよかったです



探索Run@日暮里 - 2013.01.06 Sun

東京スカイツリーを後にした私達。

さて、ホテルにはどうやって行くのかな?
一応、夫に聞いてみます^^;

結果・・・


「判らん」



やっぱり・・・(滝汗)


そんな予感はしていたので、これまた事前に調べておきました

エントリーするレースを決めたのは夫
泊まるホテルを決めたのも夫
でも、それ以上のことは 全て「なんとかなるだろう」の精神(涙)

土壇場で右往左往するのが苦手な私は、ついつい事前に下調べをしてしまいます^^;

よって、またもやメモ片手に移動開始~~!



さて、余談ではありますが・・・
電車に乗った際、私はかなり衝撃を受けました
なぜなら、デジタルで駅の表示が出たり、CMが見れたり・・というハイテクな車両だったから。
これは都内の電車では普通の事なのかしら???

いや~~~、真面目に驚きました^^;


話が反れましたが、無事に西日暮里駅で降り、(手書きの)地図を見ながらなんとかホテルに到着。
右も左も判らない土地でよく迷子にならずにたどり着きました

凄いぞ、自分!!(笑)


チェックインを済ませた後は、事前に送付されてきた要綱を再チェック。

 事前送付1222

ナンバーカードもユニフォームにつけておきます


今回はタイム計測がRSタグでしたので、こちらもシューズに装着済み。

 RSタグ1222

あとはレース会場に持ち込む荷物を分け、準備完了~~!!


日中降っていた雨も止み、太陽が姿を見せたのでサクッと軽く走ってきましょうか


夫は軽く拒否。
・・・だと思ったわ~^^;


よって私1人で探索Run
目的は、夕飯を食べるのによさげなお店探し & 近場の銭湯探し


とにかくどこを見ても 見上げるような高い建物ばかり・・・

ビル1222

線路が地上にないの、なんだか違和感だわ~~~!!!



人も車も多いし、信号も多いし、道路は広いし、車線も多い
電車は頭上を走っているし、色んな意味で衝撃的~~っ!!!

日暮里駅1222

なんだか、都会人になった気分でサクサク走ってみました
本当は、迷子にならないよう緊張しながら走っていたのですが・・・(笑)



そして、西陽がまぶしい線路脇の道路を使ってピリッと刺激入れ

線路脇1222

なんか、(こういうシチュエーションって)カッコイイ~~!!!!

全てが「非日常」で、ドキドキワクワクなRunでした。
もちろん、目的だった「夕食処」と「銭湯」も見つけましたよ~~



雨の中 見上げた「東京スカイツリー」 - 2013.01.06 Sun

クリスマス前の三連休、チープな夜行バスに揺られ、揺られてやってきた 東京。

車内は「三連休を東京で楽しもう・・・」という家族連れや若者で満席状態。
しかも座席幅が狭い&座席の前後もゆとりがなく狭い
座っているだけでも疲れるので トイレ休憩のたびにバスから降りてはストレッチ。

結果的には・・・なんだか寝不足気味~!!!

そんなハードなバス移動だというのに、読者モデルになれそうなパーフェクトなギャルがおりました
ヘアスタイル、ファッション、メイク、そして持ち物・・全てがパーフェクト!
素晴らしすぎます。
そして完璧な状態で東京に到着。
荷物片手に颯爽と街の中へと消えていきました

お見事でございます!!!!



対する私はノーメイクで若干お疲れ気味~
とりあえず駅のトイレでササッとメイク。
コインロッカーにどでかい荷物を突っ込んで さぁ、どこへ行きましょうかねぇ^^;


レース前日なだけに、あまりアクティブには動きたくない・・・という夫
フルマラソンじゃないんだから、多少はいいんじゃない??


じゃ、無駄に動くことなく 上野駅で時間つぶしをしましょうか?
ホテルのチェックインの時間までそこらへんの椅子に座っていましょうか?


それもイマイチ嫌なようで・・・(苦笑)

結果的には 私が下調べしておいた 「東京スカイツリー」 に行ってみる事に決定!

夫は旅行に行く度に「出たとこ勝負」「なんとかなるさ」「気分次第」・・で動くタイプ。
下調べを何もせずに行動するだけに、何度 旅先でプチバトル を繰り広げた事か・・(苦笑)


今回も、スカイツリーには行ってみたい・・・と考えていたようですが、行き方すら調べちゃ~おりません
「地下鉄に乗れば行けるんだろ?」 ・・・と。


あわわわわ・・・
違いますよ~

東京メトロに乗って、浅草からスカイツリーラインに乗り換えですよ~!!!
夫任せに動いていたら、それこそ 迷子になって 無駄にアチコチ歩くハメになっていたかもしれません(滝汗)

(路線、乗り継ぎ、料金等々・・)調べておいてよかった・・・^^;


「おのぼりさん状態」丸出しでしたが、メモ片手に慎重に移動。
お陰で迷わずに現地まで行く事が出来ました


雨脚はドンドン強くなってきましたが、ここに来たからには見上げてみたい、スカイツリー

スカイツリー0106

ドドーンと聳え立つその姿に圧巻!!!!
雨雲に遮られ、よく見えませんが・・・^^;

当然、見上げた私は顔面ずぶ濡れに。
それでも見上げて満足!
今度はお天気がいい時に来てみたいわ~

もちろん、その時は展望デッキにも上りたいな♪
(今回は見上げただけで終了・・・)



クリスマスツリーもありました・・・が、この雨の強さでは(ツリーの前まで出て行って)写真を撮るのも躊躇われます

土砂降り0106

う~ん、残念。



さて、スカイツリーの展望デッキは行かなかったものの、オリジナルグッズが買える 「THE SKTREE SHOP」 は見ているだけでも楽しい・・・という話を聞いていました
なにか良さそうなグッズがあるか・・とショップ内を見てみましたが、なかなかコレというグッズには巡り合えず。
(革製品はよさげでしたが・・・)


それより、4階にあった SUPER CRAFT TREE がとても素晴らしかったです

クラフト0106

江戸切子や組紐、竹細工や漆塗りなど、様々なテーマで作られたクラフトのツリー
どれもステキでした。


隣接している 東京ソラマチ にも行ってみましたが、ここはあまりに沢山の買い物客がいて、人に酔いそうです(>_<)

テナントも沢山あって、購買意欲のスイッチが入ろうものならあっという間に散財しそう~~
危ない、危ない・・・(苦笑)


とりあえず、今度「ソラマチ」に行く機会があったら 「北野エース」 で色々お買い物したいわ~^^;

ほんの2時間程度でしたが、まずまず「プチ観光」を楽しめました





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

 ふぶき

Author: ふぶき
食べたり飲んだり・・・で、過剰摂取にならないよう ランニングを継続中。
走歴は10年。
目指すところは・・
☆還暦過ぎても「走れる人」でありたい☆

別ブログ【晴れたらいいね ~走食女子の日常~】も、よろしくお願いいたします♪
https://fubukirun.exblog.jp/

最新記事

最新コメント

welcome to my blog

ランキングに参加してます

ポチッと一押ししていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ご挨拶 (17)
外食(外飲み) (92)
うち飯(&晩酌) (118)
身体の事 (86)
お出かけ (138)
Run (505)
TBテーマ (100)
四季折々 (168)
食材とか栄養の事 (70)
チョイ買い (70)
お取り寄せ (10)
頂き物・お土産 (27)
お酒 (69)
お気に入り (30)
お菓子・スイーツ (48)
日常 (602)
「3.11」 (27)
パソコン奮闘記 (24)
東京マラソン2014 (16)
転職・転居 (38)
杜の都より (25)
夫の事 (15)
東京マラソン2018 (22)
防災 (1)
東京マラソン2019 (15)
東京マラソン2020 (10)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR