fc2ブログ
fc2-3.jpg

2012-06

果汁100% アセロラドリンク - 2012.06.30 Sat

あるテレビ番組で知った情報


「拓殖大学の陸上部の選手は、練習後に プロテインにアセロラドリンクを混ぜたもの を飲んでいる」 ・・・と。


そうなんだ!!!!


その番組を見ていたのは夫
詳しい情報を覚えていてくれていたら有り難いのに、どうやらサラリと見た程度だったらしい



とりあえず、 ビタミンCは抗ストレスビタミン でありランナーにとっては大事な栄養素

これからの時期は日焼けなど紫外線からのストレスも激しくなります
そんなストレスから体を守ってくれ、ストレスに強い体にしてくれる
そして、筋肉疲労による故障も防ぐ というんだから素晴らしい!!


まずは アセロラドリンク を買ってきましょう

アセロラ0629

コップ1杯(200ml)で一日分の天然ビタミンCが摂れる ニチレイアセロラドリンク

練習会の後やポイント練習などをした日には飲んでます
(プロテインは入れてませんが・・・)




さて、先日スーパーで見つけた アセロラドリンク
よくよく パッケージを見てみたら 果汁100%でした

なにげに 栄養機能食品 です

アセロラ1000629

お値段は 約600円(500ml)
決して安くはないですね^^;

 

バヤリースといえば「アサヒ飲料」で出しているオレンジジュースをイメージしますが 沖縄バヤリース という別会社があるんですね

沖縄バヤリース0629

もちろん、沖縄バヤリースは 沖縄県内での製造販売 だそうで、それ以外の地域はアサヒ飲料のバヤリースだそうです。



ちょっとハードに走った日、夫と二人で飲んでみました

アセロラ100% 0629

普段飲みなれているアセロラドリンクは透明度のある赤いジュースですが、これは濁った感じのオレンジ色
これが果汁100%の色なんですね


飲んでみれば、やはり酸っぱい!!!!

酸っぱいけど疲れた身体に染み渡ります
逆に、この酸っぱさがよかったりします

夫も気に入った様子
でも、1本600円のジュースはそうそう常備できませんから・・・^^;


美味しく飲んで パッケージを改めて見て気がつきました

1日あたりの摂取目安量は 100ml
(100ml当たり ビタミンC 580mg)


あら・・・
何も気にせず倍量を一気飲みしちゃいました

まぁ、走った後ですし、ヨシとしましょう



とっても美味しいドリンクでした
また 機会があったら 購入しようと思います
スポンサーサイト



足底腱膜炎 予防対策 - 2012.06.29 Fri

走るようになってから、足の痛みで悩まされる事が多々あります
膝が痛くなったり、太ももが痛くなったり、ふくらはぎが痛くなったり、足の指が痛くなったり・・・

でも、病院に行ってもレントゲンを撮っては「問題なし」と言われておしまい。

「走らなかったら治るでしょう」 と言われたこともありました
その通りかもしれませんが・・



さて、1年ほど前の事ですが・・・

ある朝、布団から起き上がり歩こうと思った瞬間、踵に鋭い痛みを感じました
それまで普通に歩けていたのに、その日の朝は踵をつくことすら出来ません
その痛みはやがて治まるのですが、毎朝、起きた直後の歩行が困難でした

接骨院に行っても治らず、整形外科でレントゲンを撮っても「問題なし」と言われ・・・


でも、間違いなく 痛い のです!!!



さて、どうしたものか・・・と一人で悶々と悩む日々


そんな時、フッと思いついた 足指パット

もしかしたら、これをつけて寝たらいいかも!!!


何の根拠もありませんが、「やってみる価値はあるかも・・」 と。

効果抜群 20629



その日の夜から足指パットを装着して就寝
数日間は、ものの数時間で足指の間が痛くなり、寝ぼけながらも外し、後、爆睡。
そのうち、朝までつけっぱなしでも平気で寝ていられるようになりました


足指パットをつけた状態で寝る日が何日も続き・・・
ある日 踵が痛くない 事に気がつきました

目覚めてすぐから普通に歩けるようになったのです
また、当時 違和感があったアキレス腱の痛みもなくなったのです

これにはビックリ!!!


以来、少し走り過ぎた時 や 足底が疲れていると感じた際には 足指パットをつけて寝るようにしています


そして、日常的にやっているセルフケアは 足指ジャンケン。
テレビを見ながら、気がついた時にチョイチョイやってます
他、タオルギャザーやチューブエクササイズなんかもチラホラと・・・

青竹踏みもいい と聞きますが、何故か私は麺棒を踏んでます^^;

それこそ最初は痛くて麺棒の上に乗ることすら出来ませんでしたが、今ではすんなりと乗る事ができるようになりました。
足裏が疲労していれば乗った瞬間に激痛を感じますが、痛気持ちい感じで乗れる日もあります


まだまだレースシーズンは続きます
一度足底腱膜炎を発症してしまうと厄介なので、日頃からケアを心がけていきたいと思ってます


しじみ Love - 2012.06.27 Wed

お酒が大好きなだけに、肝臓の働きにも気をつけたいところ
(夫も含めて・・・・笑)

若い頃のように 浴びるほどは飲みません・・・・が、結構飲むほうだと思います
「たしなむ程度」 以上 「酒豪」 未満 ・・ってところでしょうか

いや、年々「たしなむ程度」とか「人並みに・・」といったレベルになりつつあるような気もしております



そんな話はさておき、お酒が好きだからこそ、しじみを積極的に摂ろう・・・と心がけています

なんてったって 「肝臓にいい食材」 といえば「しじみ」でしょう
二日酔いにも効く・・なんて話も聞きますね。

私の場合、二日酔いになったら何も受け付けませんが・・^^;


調べてみたところ、しじみに含まれている「オルニチン」には、アルコール代謝をよくするアミノ酸(アラニン)を助ける働きがあり、アルコールの代謝をよくすることで肝機能を上げてくれる・・との事。
肝機能をあげてくれることで、二日酔いなどを軽減することができるのですね

また、しじみには肝臓の解毒作用を促すタウリンやビタミンB12が多く含まれているようです


やっぱり しじみ 最高!!!
でも、一日にどれくらい食べるのがいいものか、それが判らない

判らないけど、我が家の味噌汁の具としての使用頻度は ダントツ、ナンバーワン!!

簡単に作れる・・というのもありますが、しじみのお出汁がまた美味しい
夫もしじみのお味噌汁が好きなので、とにかくよく作ります


先日、スーパーの特売コーナーを見ていたら こんなものを見つけました

しじみ汁0622

普段は買わない レトルトのお味噌汁
でも、思わず買ってしまいました


「1杯でしじみ70個分」 に惹かれた^^;
減塩20% も嬉しい


ところが実際に食べてみて 私が作るお味噌汁より塩分が濃かった
これで「減塩」というなら、通常のお味噌汁はどれだけ高塩分なんだろう???

それでも、しじみ70個分 ですから・・・
お湯を足しつつ飲みました


ただ、どうしても気になる事がひとつだけ・・・

微妙~に酸味がある?


パッケージをよくよく見てみると こんな表示がありました

** 永谷園が発見した乳酸菌が、味噌の中で作りだしたオルニチンです。 **


乳酸菌が作り出したオルニチン??
それが酸味の原因?


どうしてもこの酸味が気になって仕方がない
(しかもしょっぱいし・・(>_<))



もう買わないと思います
私が作ったお味噌汁では 間違ってもしじみ70個は入れません

それでも、 酸味のない 普通のお味噌汁がいい


その代わり、少しでもオルニチンの成分を摂取できるよう砂出し後は冷凍します


オルニチンは冷凍することで、オルニチンが何倍にも増える・・って言いますもんね
旨みもアップするし、冷凍する事で一石二鳥


スーパーで活しじみを買ってきたら すぐに砂出し開始

砂抜き中0622

数時間放置していると、こんな感じに・・・




この 緩~い感じになっているしじみが好きです

びろぉ~ん0622

プクッ・・・プクッ・・・と呼吸をしながら砂を吐き出すしじみ達
数時間かけて砂をはかせた後は、冷凍保存 で美味しくな~れ!

自然の恵みに感謝して、明日の朝も「しじみ汁」を頂きます♪

子供の頃から・・・ - 2012.06.23 Sat

トラックバックテーマ 第1451回「あなたは緊張しやすい方?」



ずばり!
緊張しやすいタイプです。



子供の頃、エレクトーンを習っていました

年に1度の演奏発表会。
母に作ってもらったフワフワのドレスを着てステージに立てるのはとても嬉しい事でした
上手、下手はさておき・・ 演奏後に(父兄の皆様から)拍手を沢山もらえるのが嬉しかったのを覚えています


ところが・・・
ある時からその感覚が変わってしまったのです

毎日コツコツ練習をしてきて完璧に演奏できるようになっていたのに・・・
譜面は完全に暗譜できていたのに・・・
前日まで 何の問題もなく弾けていたのに・・・


発表会当日、ステージ脇で待機し、出番が近いてきた
ふ・・とメロディラインを思い出そうとしたら、突然 頭の中が真っ白 になってしまったのです


さぁ、大変!!!!

イントロはどうだっけ?
最初の音はなんだったっけ???
出だしのコードはなに?

完全に自分が練習してきた曲が頭から消えてしまいました

自分の演奏の順番になり、ステージに出て、エレクトーンの椅子に座っても(最初の出だしが)全く思い出せません

弾かなくちゃ・・・


そう思えば思うほど心拍数は上がり、焦りと不安から頭の中が真っ白になってしまうのです

とりあえず何でもいいから音を出してみよう
適当に鍵盤を鳴らして音を出し、音色やボリュームを調整しているフリをしていたら フッ と(弾くべき)曲を思い出しました
あとは無心で演奏しましたが・・・・^^;


あの時は、本当にどうなる事か とヒヤヒヤしました。
あんなに緊張したのは40数年間の人生の中で 最初で最後 かもしれません



他にも緊張したエピソードとしては・・・

テニスの試合の時。
サーブを打つのにトスアップするまで両膝がガクガク、ブルブル・・・・(笑)
どうにもならないほど膝が震えて止まりません


イヤと言うほど練習してきたのに 全くサーブが入る気がしない
トスアップも全く定まりません
そんな状態で打つサーブは 当然入らない


完全にネガティブなスパイラルにはまってしまいます

偶然にもサーブが入れば、その後はなんの問題もなくラリー出来ますしポイントも取れるんですけどね^^;



そして今現在、日々生活している中で緊張するような場面には遭遇しません・・・が、どうやらレースの前は緊張しているようです

そりゃ、多少の緊張はあるでしょう
適度の緊張感はあったほうがいいんだと思います

でも、夫が言うには 「顔がこわばってる」 ・・・と。
そんなつもりは全然ないのですが、タイムを狙った大会などでは その傾向が強いようですね^^;

プレッシャーに弱い・・というか、小心者・・・・というか、緊張しぃ・・・というか。
そんなタイプの人間です


ただ、人間、生きていく上では適度の緊張感は必要だと思います
その緊張感を楽しむ位の器の大きな人間に 私はなりたい(苦笑)

3年ぶりの凍結 ~乳穂ヶ滝~ - 2012.06.22 Fri

2月のお話になりますが・・・


「乳穂ケ滝が3年ぶりに完全凍結しました」 とニュースで言っていました


3年ぶり という事は、ここ数年完全凍結しなかったのは 地球温暖化のせい??

とにもかくにも、3年ぶりの事 であれば、これを逃してはならぬ!!
是非とも見ておくべきでしょう!!!


滝の凍結なぞに無関心の夫を無理やり連れ出し、いざ西目屋村へ!!!



カーナビのついていない愛車を運転する事 数時間。
なんとか迷わずに辿り着きました


西目屋村0621



その日は 「乳穂ケ滝氷祭」 が行われていた事もあり、駐車場にはかなりの台数の車があり沢山の人が訪れていました


春 恋し - 2012.06.21 Thu

今年の冬は例年以上の大雪でした


結婚当初は雪かきスコップを持つことすら出来ないほど非力でしたが これも 「習うより慣れろ」!?
いやいや、必要に迫られれば出来るようになる!?

とにかく、今までの自分で想像出来ないほどの活躍ぶり
朝にも雪かき、昼にも雪かき、夜、飲んで帰ってきた時でさえも (酔った勢いで?)雪かき・・・
とにかく雪にうなされた(?)日々が続きました


だからこそ、春の気配が感じられると心ウキウキしてきます


タクシーの運転手さんはこんな事を仰ってました

「ここいらの人は 関東の人なんかよりずっとずっと春を待ちわびているんだよなー」 ・・・と。


確かに、私も生活してみて思います

「春が待ち遠しいな」 ・・・と。



もっともっと雪深い土地があります
豪雪地帯と呼ばれる土地はもっと降雪量があります


それに比べれば全然余裕ではあるのですが・・・ それでも厳しい冬を乗り切るのは本当にしんどい



そしてやってきた春を 心の底から喜んでいる自分がいます

桜のつぼみが膨らんでくれば 今か、今か、と開花を待ちわび・・
開花宣言をすれば満開になる日を楽しみにし・・・



満開になった桜並木の下を歩いては その可憐な花を楽しむ

桜0620

若い頃は 「花より団子」 でした
友人達とシートを広げ、飲んで騒いで・・・の (「花見」という名の) 大宴会
でも、今は ただ静かに桜の花を楽しむほうが好きです



青空の下、綺麗に咲き誇っているソメイヨシノ

ソメイヨシノ0620

今年は満開になってすぐに大雨に見舞われ あっという間に散ってしまいましたが、それでも数日間は可憐な花を楽しむことが出来ました。



ソメイヨシノだけではなく、違う品種の桜も咲いていました

サクラ0620

さて、なんていう品種の桜でしょう???
ソメイヨシノより華奢な感じの桜でした



桜の時期が終われば、菜の花のシーズン

菜の花畑0620

菜の花畑が大好きです
この黄色い絨毯を見ていると それだけで元気が出ますね
そして、なにより香りが凄い
近くまで行くと 菜の花の強い香りが漂っていきます

この日はお天気もよく雲ひとつ無い青空の下、菜の花の黄色が映えました



この絶景を撮ろう・・・と狙ってやってきたカメラマンの方も多かったような・・・
皆様 高価なデジイチをお持ちの様子
他、三脚や脚立なんかも持参していましたよ


偶然にもそこで知人に会ったのですが、なんとその方も カメラが趣味 との事
もちろん、デジイチを首からさげ、三脚を片手に持ち、脚立を担いでました^^;

その脚立に上らせていただいて撮った1枚がこちら・・・

山田野0620

高いところから撮る事で菜の花畑の緩やかな隆起が感じられて広がりある1枚になったような気がしますが・・・


いかがでしょう・・^^;



私も本格的にカメラをやってみたいな・・・とも思いますが、さりげなく主張してみれば 夫は困惑顔

内心は 「頼むからこれ以上趣味を増やさないでくれ」 といったところでしょうか


これ以上・・・って^^;
今は 走る事くらいしか 趣味らしい趣味はないはずなんですけどね~(苦笑)


とりあえず、こうやって春の景色を楽しめる場所に連れて行ってくれるだけで有り難いです


また来年も お天気のいい日を狙って訪れたいと思います

雪ニモ負ケズ 寒サニモ負ケズ - 2012.06.20 Wed

ランニング・・・
それは 春から秋にかけて・・の3シーズン対応型(?)スポーツだと思ってました


普通はそう・・・ですよね???(笑)



でも、違ったみたいです。
いわゆる「フルマラソン」のシーズンは、冬
(もちろん、これは関東以南のお話だと思いますが・・)



確かに、秋から冬の間にフルマラソンの大会は多いです
(もちろん、関東以南での大会ですが・・・)







・・・が、雪国の場合は、やはり冬場はランニング=シーズンオフ。

そりゃそうでしょう
雪道じゃ走れませんもの


ごくごく普通にそう考え、冬場は私も走りません  でした(←過去形・・・笑)



でも、冬場も食欲は衰えません
運動をしても、しなくても・・・ 
3度のご飯、おやつ、大好きなアルコールはなんの問題もなく胃袋に投入されていく


結果、春には身体が重くなる
そこから またコツコツと走って体重を戻してはいくものの 微妙~に前年度より戻り具合が鈍かったりする
基礎代謝率の低下でしょうか???


同じようにランニングを趣味とされているお方のお話を聞くと、どうやら冬でも走っている様子

その時、初めて知りました



雪の上でも走れるんだ!!! ・・・・と。



その年の冬から、私も四苦八苦しながら雪上ランニングを開始


その走りづらさといったらたまったもんじゃありません
しかも、寒い。

それでもウェイトコントロールの為
春が来るのを心待ちにしながら無理のない程度に雪上ランニングを続けていきました

凍結路面で滑ったり転んだり・・
吹雪で視界不良になったり・・・

大変な思いも何度となくしてきました



・・・・が、何事も 「習うより慣れろ」 ですね


今では 冬になっても、雪が積もっても、吹雪いても、走れるようになりました




冬場は太陽がなかなかお目見えせず、日々グレーの世界

冬0615

それでも淡々と走ります



1m以上の積雪になろうとも、除雪されていればこっちのもの

冬歩道0615

車を気にせず走れる歩道は貴重です



神社の鳥居さえもが雪で埋もれています

冬20615

この神社には、初詣で訪れる人はいないんだろうな・・・



そして冬場、一番走り易い時間帯が 実は早朝だったりする

冬早朝0615

まず、車が通らないので車道の路肩を走っても問題ない
除雪された直後なので走り易い路面になっている
多少吹雪いて視界不良になったとしても、車が来ればヘッドライトでその存在を察知する事が出来る

寒いのは、朝でも日中でも夜でもほぼ変わりなし
だとしたら交通量の少ない早朝が一番走り易いのです



雪上を走るようになって3シーズンが過ぎました
今では雪上ランニングにもすっかり免疫が出来ました
もちろん、(夏に向けての暑熱順化があるように)寒冷順化は必要ですが 身体が馴れてしまえば意外と走れるものですね

そして、冬場もコツコツ走り続けることでウェイトコントロールも順調。
これが (雪上ランニングの) 一番のメリットかもしれません。

体重だけじゃなく、胴囲もね - 2012.06.17 Sun

コツコツ走り続け、体重は少しずつ落ちてきました


もちろん、走るだけではなく、食事面での調整もあり
テレビなどで紹介されていた「レコーディングダイエット」たるものにも挑戦してみました

やり始めた当初は 書く 事に面倒臭さを感じましたが、じきに馴れました
そして書き続けているうちに、その日摂取した食材の品目にも意識が向くようになり、気がつけば摂取した栄養素の事まで気にするようになったのです


ただ「痩せたい」と思うだけならここまでの意識は出なかったでしょう
でも、その頃の私は、「走る事」 も大事だったので自然と栄養バランスにまで意識が向いたのかもしれません


レコーディングダイエットは、予想以上に効果が出ました


一番驚いたのは 書く事によって 間食(おやつ) が減った事
日々、さりげなく食べていた お菓子 
それを意識的に減らし、3度の食事はバランスよく(ご飯は100g程度に抑える)、他、日々のジョギングを続けた事で無理なく体重が落ちてきたのです


ほんの数ヶ月で 予定していたところまで落ちてきた体重
これにはホッとしました


さて、40代に突入すると、それは メタボリック なお年頃への第一歩!?
健診時には体重に関する質問もシビアでした

*去年より3kg以上増えてますか? ・・・とか
*20代の体重より10kg以上増えてますか? ・・・とか



私の場合、健診までには増加した5kgを落としてましたので どちらの質問もセーフ!!!


「どうせ中年になれば太るから・・・」 というDr.の言葉に該当しないだけでホッとしました


ところが、体重だけではなかったのですね

もう一つ気になる測定が・・・


それは 胴囲 !!


ウェストではなく、ヘソ周り

思わずお腹に力を入れて凹ましたくなります



「力を抜いて、楽~にしてくださいね~~」

スタッフの方が優しく指摘してきます


はい・・・
言われたとおり、力を抜いて楽~にすると あっという間に胴囲測定終了


そして、自分の腹回りの数値を知る事になる



胃下垂だから仕方ないよな ・・・という言い訳も出来るけど、やっぱり現実は厳しい~~!!!


40代って厳しい!!!!

でも、逃げるわけにはいかないわけで・・・・

毎年やってくる健診の日
体重はもちろん、胴囲測定も必須なわけでございます

他、コレステロールだったり中性脂肪だったり血圧だったり・・・
今後色々と出てくるであろう高数値
それらを少しでも抑えて健康管理が出来れば・・・と思うわけで。


その思いがあるお陰で、今では走る事が習慣化されました

今後も 美味しいお酒を飲み、好きな物を食べ、楽しく走ってカロリー消費。

これがバランスよくやっていけたら こんないい事はないと思ってます


幸い、体重は 20代の頃と同じ位をキープ
胴囲もほぼ変化なし


これをどこまで維持していけるか・・・・

一つの挑戦です♪

あまりストイックにはなれませんが、ボチボチ気長に頑張っていきたいと思ってます

再び走り出す - 2012.06.16 Sat

それは 2008年の3月の事でした


この 「プニッ」 をなんとかせねば!!! 


ある意味、危機感(?)を感じながら再び走る事をし始めたわけですが、時期が悪かった
まだ歩道には沢山の雪が残っている季節
とてもランニングシューズでは走れません

それでも プニッ 解消のためには走らねば!!!

当時履いていた スノトレ でザクザク・・と雪の中を走ったものです
これが疲れるばかりで全然楽しくない

何を好き好んで雪の中を・・・

でも、一日でも早く有酸素運動を始めなきゃ・・という焦りがあった為、「とにかく走らなきゃ」 という思いだけが先行していた気がします


ちなみに、ウェアはテニスをしていた頃に着ていたウィンドブレーカーの上下
捨てなくてよかった・・・



やがて、雪も融けアスファルトが見えるようになり、ランニングシューズの再デビュー。
スノトレの重たさから開放され、軽いランニングシューズは快適です
・・が、着るものといえば、相変らずの普段着(笑)


ちょっと肌寒い日には ユ○クロのフリースとウィンドパンツ。
走り始めた時はちょうどよかったものの、15分もすると汗ダクダク・・・
その汗がフリースの内側で蒸れだしている!?

やっぱりフリースは走るのには適さないわね



その次はTシャツ&トレーナーというスタイルで・・・

これまた綿素材ですから汗をかいてしまうと重たいばかりで不快指数MAX



世の中にはサウナスーツを着用して走られる方もいるようですが、私には絶対無理だな・・・と思いながらトレーナーRunを頑張っていた春。


頑張れたのは とにかく走って体重を落とさなくちゃ!!! という思いが強かったからかもしれません



To be Continued ・・

8kg増にショックを受けた - 2012.06.15 Fri

若い頃は(運動するのが習慣化していたこともあり)痩せ体質でした。
結婚後は ストレスからますます痩せました

結婚当初、健康診断では痩せすぎを注意されつつも、Dr.はこんな事を言いました


「別に気にしなくてもいいんですよ。
 どうせ中年になれば太ってくるんですから・・・。」


どうせ太ってくる という一言にはカチンときましたが、そういうものなのかしら???

でも、私は大丈夫。
走ってるし~~~!!!


当時30代だった私は、Dr.の言葉を気に留める事すらありませんでした
それっきり、そのDr.の言葉なんて忘れていました


同居から数年・・・
ストレスを抱えながらも細々とジョギングを続けていたものの、なかなかレースに出るチャンスは巡ってきませんでした。

やっぱ同居って面倒だな・・(-ω-;)
なかなか思うように時間がとれず、モチベーションも少しずつ低下してきた



ところが、ある時 転機 が訪れたのです


それは・・・


待ちに待った  転勤  !!




これで義両親から開放される
干渉されることもないし、気を使わずに日々を過ごせる


辞令が出てから2週間ほどで 新しい生活がスタートしました


それはまるで パラダイス !!!


ノンストレスな空間・・・

好きな時に好きな物を食べられる
外食だって遠慮せず出来る
夫婦水入らずで旅行も出来る


結果、半年ほどの間に体重は8kg近く増えました


まぁ、同居していた頃が痩せすぎだった・・というのを考慮しても5kgは太ったわね



気がつけばジーンズの上にお肉が プニ・・・ っと。



お肉をつまめたその瞬間、ガッカリしました!!!!!!



そして、その時 Dr.に言われた言葉を思い出したのです


「中年になれば太るんだから・・・」



ヤバイーーーーーっ!!!!!

体重計に乗ってはその数字に衝撃を受け、 なんとかせねば!!! と思いました。


思えば、転勤後は フリーダムな毎日に浮かれまくり 走る事など忘れていた
そのくせ、飲んだり食べたり・・・は人一倍!


プニ・・ っとなって当然でございます


これは早急に手を打たねば!!!!


引越しして以来、箱に入りっぱなしだったランニングシューズをすぐに引っ張り出してきたのは言うまでもありません


To be Continued ・・

初めてのレース  そこで感じたもの - 2012.06.14 Thu

走り出してから2ヶ月ほど経ち、初レースの日を迎えました。

夫はウォーキングの部で参加
私は10kmの部で参加


会場には (当然ですが) 沢山のランナーが集まっていました

みな、速そうだし気合いが入っている (ように見えた)
自分だけがド素人で、他の方は どこから見ても ランナー っぽいオーラがバリバリ出ていた

ランシャツ&ランパン姿の方も沢山いる


普通の綿のTシャツに短パンを穿いていたのは私だけ??? 
(そんな事はないかと思いますが・・・・)



所定の時間にスタート地点に集合
周りにいた女性ランナーさん達は驚くほどオシャレでした

以前はマラソン=ランシャツ&ランパン が当たり前だったかもしれませんが、その当時は「ランスカ」や「ランドレ」(ワンピースみたいな感じだった)が流行り出した頃だったのかもしれない

ランスカを穿いた方がかなりいました


可愛いな~~


そんな事を思っているうちに 号砲1分前
周りにいるランナーさん達はシューズの紐を確認しています
(私もそれらしい素振りをする)


「スタート10秒前!」
アナウンスと共にランウォッチを見つめるランナーさん達

どうして時計を見るのか不思議でなりませんでしたが、今思えば タイムを計る為にスタートボタンを押す準備だったんですね。

普通のファッション時計しか持ってなかった私は、その時計の文字盤をただただガン見してました。



そして号砲と共に一斉に走り出す


とにかく夢中で走った10kmでした


途中にあった給水ポイントでは上手にコップを取ることが出来ず、給水しそびれる・・というお粗末さ
でも、私設エイドで用意されていたスイカやモモ、きゅうりはしっかりGet

冷たく冷えたフルーツの美味しいこと!!

そして沢山の声援がとても嬉しかった
普段のジョギングではありえない沢山の声援
それに随分と背中を押された気がします



また、この大会ではロードシャワーが完備されていました


真夏のレース・・・
前を走るランナーさん達は、火照った身体を冷やそう・・と、皆このロードシャワーの中を駆け抜けて行きました



見るからに気持ち良さそう!!!


もちろん、私も皆さんの行動を真似てロードシャワーの中を快走!



・・・と、これが大失敗でした


皆さんが着ているウェアは (当然ですが)速乾性のあるもの
私が着ていたのは綿素材


ロードシャワーを通過した後、Tシャツも短パンも水を含んで重たいばかり(笑)
爽快感は全くなく、逆に不快なばかりでした


そんな状態にもめげず、黙々と走った10km


ゴールした直後はバテバテの状態になり、そばの縁石に座り込む 
肩で息をする程疲れ果てましたが、経験した事がないような達成感(?)に包まれたのも事実です



そして、 「またレースに出たい」 という気持ちが沸いてきた
こんな暑い中、こんな疲れる思いをしたというのに、不思議です


テニスをしていた時は、常に対戦相手がいて、その相手との勝負。
「勝ち」か「負け」しかないわけで・・・

でも、走るということは、誰かとの勝負ではなく自分への挑戦のような感じがしたのです

勿論、ロードレースだって優勝を目指す場合には 相手との勝負
ナンバーワンになる為には自分との戦いであるのと同時に相手より速くゴールしなければなりません
・・・が、私の場合はそういうレベルではないわけで・・・


コツコツ走る事で得られた達成感が、ただただ嬉しかった


もう一度この達成感を味わいたい!!!
さて、次はどのレースに出ようかな?


そんな事を思いながら家路を急いだものでした


To be Continued ・・

私が走り出したキッカケは・・・ - 2012.06.13 Wed

もともとからだを動かすのが好きだったほうです
独身の頃は、スポーツクラブに通ったり、テニスクラブに所属したり・・・
冬場はスキーやスノーボードも楽しんでいました


でも、結婚後は専業主婦(しかも同居)。
雪国に嫁いだものの、ウィンタースポーツを好まない夫を置き去りにして私だけがゲレンデに行く事など不可能なわけで・・・
働かずに専業主婦をしていただけにスポーツクラブに通うなんて(義両親がいる手前)出来るわけもなく・・・


・・かといって、働いたらスポーツクラブに通えたのか・・と言えば、それも有り得なかったでしょう



ストレスは確実に溜まっていったわけです
でも、ストレスが溜まりすぎて太るどころか痩せる一方
そして体力も衰え、運動をしたい・・という意欲すらなくなっていったのです


このままではいけない・・・・


あるとき、夫と二人でスポーツショップに出かけた際、ふ・・と目に留まったのは1枚のポスター

第1回 東京マラソン の参加者募集のポスターでした


ジョギング程度の事は経験があったものの、本格的に走った事などなかった私
フルマラソンがどういうスポーツか・・・なんて考える事もなく、ただ単純に 「東京の街中を走ってみたい」 と思ったのでした


フルマラソンを走るなら まずはジョギングを習慣化させなくちゃ!!
ジョギングが出来るようになったら少しずつ距離を伸ばしてレースにも出てみたい


まずは10kmレースだな!


目標を決めたら あとはコツコツ走るのみ

義両親には内緒で お買い物に出かけたついでに近くの公園をグルグルと走るようになったのです

最初は30分でギブアップ
そこから段々と走る事にも馴れてきて、距離も少しずつ伸びてくるようになりました


走る事が習慣化され、レースも間近に迫ってきたある日、夫がこう言いました


「ランニングシューズを買いに行こう」


その頃、私は普通のスニーカーで走ってたのです
スニーカーで十分だと思っていたのですが、やはりランニングシューズを履いてみれば その軽さに感激!

夫の好意に感謝しつつ、1足のランニングシューズを買ってもらいました


スニーカーとは違い、ランニングシューズは軽くて走りやすかった
シューズ一つでこんなに変わるものなのね


そう思ったのを今でも覚えています
そして、新しいシューズでますます走るのが楽しくなったのです


To be Continued ・・

はじめまして ☆彡 - 2012.06.09 Sat

はじめまして。

当Blog管理人の「ふぶき」と申します。


40を過ぎ、身体の衰えを感じながらも 日々走る事を楽しんでいます


【よく食べ、よく飲み、元気に走る】

食いしん坊主婦ではありますが、ウェイトコントロールにも気を使う
そして、たま~にレースにも参加


よって、時には頑張る事も・・


「Go for it!」
目標に向かって頑張っていく事をイメージして、このタイトルをつけました。


不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

 ふぶき

Author: ふぶき
食べたり飲んだり・・・で、過剰摂取にならないよう ランニングを継続中。
走歴は10年。
目指すところは・・
☆還暦過ぎても「走れる人」でありたい☆

別ブログ【晴れたらいいね ~走食女子の日常~】も、よろしくお願いいたします♪
https://fubukirun.exblog.jp/

最新記事

最新コメント

welcome to my blog

ランキングに参加してます

ポチッと一押ししていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ご挨拶 (17)
外食(外飲み) (92)
うち飯(&晩酌) (118)
身体の事 (86)
お出かけ (138)
Run (505)
TBテーマ (100)
四季折々 (168)
食材とか栄養の事 (70)
チョイ買い (70)
お取り寄せ (10)
頂き物・お土産 (27)
お酒 (69)
お気に入り (30)
お菓子・スイーツ (48)
日常 (602)
「3.11」 (27)
パソコン奮闘記 (24)
東京マラソン2014 (16)
転職・転居 (38)
杜の都より (25)
夫の事 (15)
東京マラソン2018 (22)
防災 (1)
東京マラソン2019 (15)
東京マラソン2020 (10)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR